2012年07月05日

コメント書き



コーチが、監督が、
選手1人1人のことをだけを
考えるのはどんなときだろうか?


上司が、先輩が、
部下1人1人の顔を
浮かべる時はどんなときだろうか?







私は、自学ノートのコメント書く時
その瞬間だけは、その生徒のことしか考えない

いつも生徒達には言っている
「俺が、君の自学ノートを見て、コメントを書いている時は、君のことしか考えていない」
「間違いなく、君だけの顔を思い浮かべながら書いている」


と・・・・・・・




kako-YrijvxHf2bcAB0Wt.jpg




全て手書きで
それを毎日続ける




3〜5行にわたるコメントを書くのに
前回の授業の様子を思い浮かべ
宿題の提出状況やチェックテストの合否結果
はたまた近々の定期テスト結果を見ながらコメントを書く


生徒が書いた反省に目を通し
ノート1ページ1ぺ―ジを注意深く


コメントを書くということは
それだけ相手のことに関心を持ち
深く観察することだと思う



観察無くして
適切なアドバイスはできない




学力を上げるには
もちろんわかりやすい授業をすることも大切だが
それ以上に1人1人の実態を把握したうえで適切な指導が必要となる
このことを解っていない新米先生がなんと多いことか






いい指導とは何だろう?






2011年に球団史上初の2年連続リーグ優勝を果たし
「常勝チーム」を作り上げた落合博満監督はこう言っている

「プロだから見なくてもわかると言う人は、自分が経験した野球で時間が止まっている。」と・・・・





授業の前に
書いたコメントをもう一度読み返し

生徒が来ると、タイミングを計り
1人1人に声を掛ける





毎日続けることはしんどいこと
私も、コメント書きするのは、正直しんどいし、嫌になることも多々ある

それでも、しんどいことや嫌なことを毎日続けるからこそ
見えてくることもあるのだろう


今日も、明日も自学ノート
私も、生徒も自学ノート





posted by MORITA at 09:33| 塾日誌 | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

花を植える



早いもので7月に入り
昨日の天気と打って変わって
夏空がどこまでも広がっている


少し、朝散歩したが
心地よい汗が額から流れた



青空の下
風に手を当て
緑に染まった蒲郡の山々を見ながら


ふと思った


今日花を買いに行こうと・・・・・







kako-3uBnVO8HPVMZtb4Y.jpg




1週間が始まりましたが
また、同じように過ごす1週間であっても
花を植え、花に水をやり、花を眺める

そんな時間を大切にできたらいいなぁと思います










隠れた、夏の名曲!
マッキ―の”夏は覚えている”




忙しく、暑い夏がすぐそこまで来ています!







posted by MORITA at 12:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

”NEW ”机


机を変えることにした
全部で12セット

幅550o×縦350oの天板
小学生には、ベストサイズなのですが
中学生が使用するとなると若干小さかった



kako-Szwz5CNlWAN1xQcO.jpg



机は、毎日生徒が使うもの
出来れば、より良いものがいい


小学生の教室を自習室に移転したことをきっかけに
思い切ってワンサイズ大きい幅600o×縦400oのものに全て交換することにした


私自身の良い点は、フットワークの軽さと
実行力だったと思うのに

”すぐ決断し”
”すぐやる”
”ためらわない”
”まよわない”
”必要以上に考えない”


こうゆうことができていなかった
生徒にとってよいということは、できることならすぐにやる
それをしてきたからこそ、絶えずその時の最良の結果を得てきたのだろう



kako-bMF4S4PCqSflw68A.jpg




今から、新しい机を取りに行ってきます!




posted by MORITA at 14:34| 塾日誌 | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

農場の法則



何かあるごとに読み返す本てありませんか?



私の場合は、自分に何か足りないと感じた時や
自分の人生がぶれていないかを確認するために読み返す本があります



それが、前職時代に出会った
スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」
The 7 Habits of Highly Effective People


1996年に出版され
全世界2,000万部、日本でも累計130万部を売り上げたビジネス書


kako-XHUx4iMBe3FGjoy5.jpg


先日もインサイド・アウト(内から外へ)を読み返して
「農場の法則」が目に留まった



”春に種蒔きを忘れ、夏は遊び惚けて、

秋になってから収穫を得るために必死になって頑張るー

農場は自然のシステムである。

必要な務めを果たし、作業を行わなければならない。

蒔いたものしか刈り取ることはできない。

そこに近道はない。”






未来義塾を始めた時、この原則を必ず守ると決めて運営してきたつもりが
いつかからか土台にあるべき”原則”が宙に舞い、なおざりになっていたような気がした




自分ではまっすぐ歩いていたつもりでも
知らず、知らず、少しずつ、少しずつブレていく
だからこそ、時に立ち止まり、振り返り
歩いてきた道しるべを修正することが大切なのだろ




原則を忘れてはならない
原則に留まり、行動を習慣し
継続してこそ実を結ぶのだろう








posted by MORITA at 09:24| 読書日記 | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

喜び


朝目を覚ました瞬間から
やらなければならないことに追われる毎日


ここ2週間、それこそテスト週間に入り
その加速度は日に日に増していく気がする


でも、忙しいからこそバランスを取る意味でも
意識していることが3つある




1つは、本を読むこと
2つ目は、掃除をすること
3つ目は、与える心を失わないこと





特に3つ目は、絶えず、何度も何度も想い返して
心に練り込むというか、
心に留めておく必要があると思っている


別に毎日、生活していて、
朝起きてすぐに「今日も、与えなきゃ!」なんて
ボランティア精神丸出しで身構えて生きているわけでもないし
宗教人のような人になりたいと思っているわけでもない




でもねぁ、喜びというのは、人に与えながら得られるものだと思っている







888.jpg


家族とか、
うちの生徒達に対して


「何をしてあげたら喜んでもらえるのか?」
「自分が今できることで、彼らの未来にプラスになることは、何なのか?」
「何を言葉として語るべきか?」


そうゆうことを考える時間を忙しい中でもきちんと持つことが
与える心を失わないことだと思うし、
しいては、自分の喜びに繋がるのだと思うんだよね



忙しいと自分のことで手一杯になるじゃん
自分のことしか考えれなくなるじゃん
でもね、それは自分で自分の喜びを枯らしていることに
人はなかなか気付けないだよね

偉そうに自分でそう書いているけど、自分がそうだからね
いつも余裕がなくなると、自分のことばかりしか考えてないから



相手のことを想うことが≒与えることになるかはわかんないけど


想うことで、
何かをしてやりたいという気持ちに繋がりやすくなるし
与えるという行動に移りやすくなることは間違いないよね


仕事をして忙しくなると
目の前の業務だけに目が行き、その先にいる生徒が見えなくなる

進学塾時代がそうだった
会議でも報告書でも研修でも
何のためにやっているかが分からなくなり
会議や報告書や研修が目的になり
仕事の中心となってしまった



本を読んで、自分を磨き
掃除して、床を磨き

自学ノートのコメントを書きながら
生徒1人1人のことを考え、想うことが
良いものを与えることに繋がると想っている



そして、それが自分の喜びになれば幸せだな








また、暑い夏が近づいてきますね!








posted by MORITA at 10:38| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。