2010年01月06日

展望


日本創生
構造転換
科学技術・イノベーション
転換点
覚悟
成長シナリオへの着手
自助自立
克己
自立
復活
着実なジャンプ
エコロジー投資
デフレ対策
スピード&ワンウィル
挑戦
安定した円安
低炭素社会
チャンスにチャレンジ
明るさ





これらの言葉は
中日新聞に掲載された
経営トップの2010年キーワードです



「二番底懸念」
「夏から回復」



景気回復への期待感が広がる反面
デフレ進行など
悲観と楽観などが交錯する言葉が目立つ



振り子が大きく左右に振れるがごとく
世の中が右へ左へと揺れ動く
未曾有の世界同時不況の直撃を受けた昨年は
まさに激動の年であった



時代が大きく変化するゆえに
未来を予測するのが難しくなる
不透明さは
不安を人に抱かせる



大切なのは
不安に押し潰されて
萎縮して前に一歩踏み出すことが
できなくなることではなく



「挑戦」
「自助自立」
などの言葉に表されている
自らの力で立ち上がろうとする気概を持つ事だろう



私の身を置いている塾業界も
大きな再編が本格的に動き始める年になるのだろう
M&Aによる系列化
緩やかな資本提携・業務提携によるグループ化が
更にすすんでいくことは間違いと思う




以前もこのブログで記載したが
最も強い者が生き残るのではなく
最も賢い者が生き延びるでもない
唯一生き残るのは
変化できる者である



振り子が
大きく左右に振れる時代だからこそ

挑戦し続けることで
自らが成長し
変化できる者でありたいと思う






きっと笑って話せるわ
だから今日は
くよくよしないで
今日の風に吹かれましょう





posted by MORITA at 09:18| 🌁| 教育について | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。