2012年05月09日

理想の塾とは

あなたにとって理想の塾は?
どんな塾を作りたいですか?と聞かれたら迷わず
今は「面白くない塾を作りたい」と答える


面白くない塾?
普通は、面白い塾と答えるでしょう。、それっておかしくないですか?
という声が聞こえてきそうだ

笑い声の絶えない教室
生徒が楽しくて行きたくなるそういうのが理想の塾ではないですか?
という声も聞こえてきそうだ

事実、楽しい塾、面白い塾はたくさんあると思うし
そういう塾の方が生徒を多く集めているのかもしれない
私自身、面白い塾を否定するつもりはない





でも、100%断言できる
私が、目指している塾ではありません





目指しているのは
あえて誤解のないように書きたいのですが
生徒にとって面白くない塾であり
塾の行く日に、緊張するような塾でありたいと思っています

別につまらない塾を作りたいわけではありません
言葉を変えると骨太でガッツのある塾です

私は、高校・大学と空手をやっていました
特に大学の4年間は、私自身、練習で前歯を折ったり
右足の親指と人差し指の間を4針程度麻酔なしで縫う怪我など
毎日怪我の絶えない厳しい稽古をこなしていました

何度も辞めたいと思いましたし
練習の日は、行きたくないとも思いました
しかし、その強烈で厳しい稽古をこなすことで
礼儀を学び、部の中では、誰よりも強くなれたと思います
また、東海3県の大会でも個人戦でベスト16に入賞するといった結果も残せました

そういった意味で
稽古を一度も楽しいとか
面白いと思ったことはありませが
だからこそ強さや成長を実感できたと思うのです
勉強も同じではないでしょうか?




IMG_0002.jpg




私は、落ちこぼれの生徒を作りたくはありません
問題が解けなければ厳しいかもしれませんが
できるまでしばしば残すこともありますし
家で、勉強できなければ
毎日のように自習室で勉強させる生徒もいます

授業中は、当然、私語厳禁です
生徒達の私語でうるさくて授業を聞いてないなんてことは絶対ありません
逆に、ちゃんと授業を聞いていない生徒は、かなり厳しく叱ることもあります

でも、そうでしょ、親にしたら
塾にまで行って子供が授業中に、授業を聞かず友達と話していたら
そして、それを諭すことも、真剣に注意できない先生がいるとしたら
何のために高い授業料を払っているのかということになります
私は、親御さんから頂く授業料を無駄にはしたくは無いのです



昨年から地元の英会話スクール
HIKARI ENGLISHに通い、Ben先生から英語を習っています

1年間通って実感しているのは
英会話スクールに通っているから英語が話せるようになるのではなく
私に英語が話したいという気持ちがあり
やる気があるから話せるようになるということです
やる気は、夢を叶えるためのエネルギーにほかなりません


これは、塾も同じで、塾に通うから成績が上がるのではなく
そこに生徒のやる気と先生の熱意があるからこそ成績が上がり
第1志望校に合格できるのです

だから、自塾では、入塾してもらう時に
親御さんの意思ではなく、生徒の意思を確認します
「やる気」があるのか?これが大切です

自分が入塾してここで努力することを惜しまず頑張れるかを確認します
それが、なければいくら親御さんの強い要望があっても入塾を断っています
学力で判断するような入塾試験は、うちの塾にはありません
でも、生徒自身の「やる気」は大切な入塾基準になります





今年の受験生達には、もう伝えています
私は、この1年間受験生達と楽しい思い出を作ろうなんて思ってはいません
教室に笑い声はいらないと思っています

私は、受験生達に授業中に面白いことを言うつもりはないですし
彼らが受験に挑戦することでしんどい思いをしてほしいと思っています
そして、塾の授業がメチャクチャ厳しいものだと感じてもらいたいのです



夢を持った時点で現実と向かい合わなければならないことを
彼らは、受験を通して学ばなければなりません



でも受験が終わった時に
自分の行きたい高校に合格できたのは
この塾で頑張ったからだと素直に言えるような
1年にしたいと思っています





posted by MORITA at 23:38| 教育について | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

小学校の教科書がこんなに変わるA


A小学生の教科書のページ数はどれぐらい増えるのだろうか?



前回ランドセルが新しく変化するほど教科書が変化することを記載しましたが、では実際にどれぐらい教科書のページ数が増えるのでしょうか?私が誕生した1964年当時は、「詰め込み教育」といわれ、この時が教科書のページのピークだったわけです。それから年々教科書ページ数は、削減され、2002年の「ゆとり教育」導入時に、最低ページ数となります。

(算数)教科書のページ数を80年代から現在までの年代別にチェックすると

1988年→960
1992年→964
1996年→962
2000年→928
2002年→860 (ゆとり教育)
2005年→1078
2011年→1436

※小学生算数教科書 総ページ数の変化(各社平均)


今回の2011年に導入される新しい教科書は、1960年代の「詰め込み教育」と呼ばれた時代のピーク時よりも多くなるといわれています。また、2002年のゆとり教育時の教科書と比較すると1.67倍と驚くべき増加となっている。ページが増えたということは、算数の掲載されている練習問題数が大幅に増えていることもわかりますし、高学年の教科書では、より高度な内容も盛り込まれるためにページが使われるようになった。(「ゆとり」を強調した以前の教科書と比較すると1.4倍。発展内容を記さしている2005年からの教科書と比べても1.25倍増となる)






posted by MORITA at 00:00| 教育について | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

小学校の教科書がこんなに変わる@

以前、中村出版さんの主催で小学校教科書改訂の勉強会に参加した。平成23年4月から小学校の教科書が全面的に新しくなる。2002年の「ゆとり教育」からの脱却するために、3割削減内容が復活する。まさに、2011年の春は「ゆとり教育のターニングポイント」となる。勉強会で学んだことを私なりに、このブログを自分のノート代わりにして何回かに分けて記載してみたいと思う。


@なぜランドセルは大きくなったのか?


今年小学1年生になった私の娘のランドセルは、実際に触れてみると、昔と比べて、カラフルになったりデザインバリエーションが増えるだけではなく、実際にワンサイズ大きくなっている。では、なぜ今のランドセルは大型化が進んでいるのだろうか?CMなどでは、その理由を”A4サイズ”のプリントが入るためと伝えている。確かに調べ物などで、インターネットなどを利用する小学生は増えはじめ、調べた資料などをプリントアウトする際にA4サイズを使うことを考えると、これも大型化が進んでいく大きな理由の1つなのであろう。


新しいイメージ.BMP


勉強会に出てみて、ランドセルの規格が大きくなった、もうひとつの大きな理由がわかった。単純に教科書が今までのサイズよりも大きくそして、厚くなるからだ。それは、プリントレベルの話ではない。教科書によっては、これまでの上下巻だったものが1冊になったり、これまでのB5版からこれまでより大きなAB伴に変わる。つまり、今年の春から、小学生はこれまでと比べ倍近くの量の教科書をランドセルにいれて学校に通うことになるということだ。


(次回は、具体的にどの程度教科書の中身が変わったのかをノートしてみたい)







posted by MORITA at 00:00| 教育について | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

学習塾経営セミナー 2010A


昨日名進研ホールで開催された
学習塾経営セミナー2010に参加して来ました

正直、参加してよかった
理由は2つ


1つは
常日頃、感じている世の中の変化や
業界事態の方向性

あらゆる情報ツールを活用し
自分なりにアンテナを拡げているつもりなのだが
どうしても地方の小さな個人塾である
限界がある


自分の塾に閉じこもっていると
客観的な大きなスケールと照らし合わせることができない


そういった意味では
今回、セミナーの冒頭で
「学習塾白書」を監修された小林弘典氏の講演は
具体的な数値が提示され
まさに、大きなものさしとなった

非常に参考になりました


特に
業界が今、成長期から成熟期にへの転換している今
それに伴っていままでのマーケティング戦略や戦術が通用しなくなることを
直ぐにではないにしろ
痛切に感じた



正に転換期は
「淘汰の時期」であり
「急成長の時期」でもある


だからこそ、その時に自らが、
何を変えず
何を変えていくのか
決断を求められている気がした




もう1つは
非常に緊張感というか
熱意のあるセミナーだったということでしょうか

日曜日の午前中から何かを学ぼうと
経営者達が集まるわけです
おのずと会場自体
独特の雰囲気が支配する

僕みたいに
上司も部下もいない
1人で仕事しているものにとっては
日頃決して感じることのできない雰囲気を
まさに、感じ取ることができる環境
その環境に身を投じることができることは
物凄い刺激を受けるわけです

ビジネススーツに身を包み
電車に乗って名古屋まで
まぁ、それだけでも僕にとっては
意味があるんですけれどね


成熟期を迎える業界の市場は
基本は先細りしていくだけ
競争は激化していく中で
今までと同じことをしていってもダメなのだろう


だからこそ
理想の塾を目指して

もっともっと
動こうと思う

もっともっと
学ぼうと思う



posted by MORITA at 09:45| 教育について | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

小さな塾の持ち味は


今週に入ってこの3日間
塾をどう改善させていくかを徹底的に考えた

改善には大きく2つ視点があり
1つは、上手くいっていないことの改善
もう1つは、上手くいっている事をどう発展させていくか?

改善点を書き出すと
これでもか、コレでもかと
見開き1ページが真っ黒に埋まるほどだった

いくつもある改善点の中で
直ぐに取り掛かることのできるもの
緊急を要するもの
優先順位を付け
実際に、この3日間で考えながら実行に移し
改善が終了したものもある



大切な事は
直ぐに実行に移すことだろう



改善点だけ挙げるだけ挙げ
先延ばしするのはスピードが鈍る
うちみたいな小さな塾の一番の持ち味は
スピードがあることだと思う

直ぐに改善
直ぐに対応
このスピード感があってこそ
CSが高くなる

進学塾時代を経験しているからよく解る
1つの案件を決めるにも
会議、会議、会議
複数の人間が話し合い
決定事項を担当者が企画を構築し
社内全体でコンセンサスを取り
末端の教室で実施するまでにどれだけの時間を要するのか?

だからこそ大手の塾と違い
スピードこそが小さな塾にとっての最高の武器となる
僕は、年度途中でも生徒や御父母の皆さんにとって益となることは
大胆に改善していきたいと考えているし
それを実行するつもりだ


(PS)
今回の改善のコンセプトは
「与える」ということ





posted by MORITA at 09:36| 教育について | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。