2012年05月07日

西浦シーサイドロード



GW最終日
西浦シーサイドロードを走った
この2年間バイクで何度この道を走ったことか




IMG_1873.JPG



僕はこの道が大好きだ

国道247号線から蒲郡競艇場の前を通り
鹿島大橋を渡り2つ目の信号を左折して数百メートル走るとブルーブリッジが見える
ブルーブリッツの上からは三河湾が一望でき、空と海と風を満喫することができる




ブルーブリッジから
形原漁港を抜けると
西浦シーサイドロード




IMG_1938.JPG




西浦シーサイドロードは
蒲郡市の西浦半島東海岸沿いを通る道路の通称名で
三河湾国定公園の指定地域に含まれている




IMG_1946.JPG



海岸沿いにヤシの木が立ち並び
三河湾が視界に広がる

海の風を浴びながらのライディングは格別で
忙しい日常から解放してくれる

この道はゆっくり走るのがいい



途中でバイクを停め
堤防の上に立って三河湾を眺める

照り返す太陽
分厚いライダーズを脱ぎ
Tシャツ1枚になる


しばらく時間をわすれて
ただ漁船や波を見ていた








バイクは不自由な乗り物だ
車と違って

夏は暑いし
冬は寒い
雨が降れば濡れる
太陽の日の光が当たれば眩しい

とても快適なものとは言い難い

でも・・・・・




IMG_1941.JPG




季節が運んで来る香り
周りのニュアンスを
体で直接感じることができる


車に乗っていると忘れがちになる
そんな当たり前のことを思い出させてくれる


やっぱりバイクはいい





posted by MORITA at 16:20| Harley‐Davidson | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ライダー2号参上!





ライダー2号が今日
未来義塾に登場した


彼はカワサキの400cc
ゼファーカイに乗って颯爽に現れた

初めて見るゼファーカイ
流線型のタンクがシートへと流れ
上に真っ直ぐに伸びるテールがカッコイイ
カワサキのZ系のいいところを
集めたバイクといった感じがした


ライダー2号こと
共栄塾のマサ先生登場



DSC02735.JPG



初めて乗るバイクが
ゼファーカイなんて
なかなかセンスがいい

今年の1月に中型免許を取得したマサ先生
以前からバイクを購入したことは聞いていたが
なかなかお互いに忙しく
高校受験も終わり
今日がお披露目会となったわけだ





早速ライダー2号と走ることにした
コースは僕の好きな形原漁港を抜け西浦海岸に向かう
今日は本当に暖かくバイク日和

実は2人とも誰かといっしょに走るのは
免許を取得して初めてのことだった

僕もあと1ヶ月でハーレーに乗り始めて1年が経つが
実際この1年バイクに乗ることは数回しかなかったし
また、仕事柄忙しいのもあり
休日に乗ることは意外と難しいかった

また、周りにバイクに乗る友人もいなかったので
いつもソロツーリング

そういった意味で
マサ先生といっしょに短い時間でも走れたのは
自分の好きな世界がまた1つ拡がった気がした




後で試乗させてもらったが
400ccということもあるのか
重量感やパワーの無さが気になったが
しかし乗り味やバイクそのもの雰囲気は凄くいい



これから、だんだんあったかくなってくるし
ライダー2号も加わって今年中に
温泉&上手いもの食べに行く
ツーリングを計画していこうと思う





続きを読む
posted by MORITA at 20:15| Harley‐Davidson | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

心のバッテリー


ここ2ヶ月間バイクに
乗ることができなかった
新年を迎え今が忙しさのピークを迎えている


忙しくもあり
寒くもある
今日この頃



DSC02460.jpg



事件は先々週の金曜に起きた
いつものようにチョークを引っ張り
2,3回アクセルを廻し
セルスターターをワンプッシュ

「キュルルルル・・・・」
「キュルルルル・・・・」
「ガァガァガァ・・・・・」

「シーン」

1202ccのエンジンが目覚めない
まるで変なものを食べた時のお腹状態

「キュルルルル・・・・」
「キュルルルル・・・・」
「ガァガァガァ・・・・・」
何度やっても同じ


「アカーン!」
「バッテリーがあがってしまったもうやだ〜(悲しい顔)


ハーレー1年生の僕は
全くバッテリー上がりを防ぐ対策を全くしていなかった


勝手に週に1回ぐらいエンジンを
5〜10分程度かけて暖気しておけば
いいと思っていた・・・・

バイクはイグニッションをOFFにしていても
レギュレターなどで少しずつ電流を消費するために
全く乗らなくなった冬季での車両保管ではバッテリーケーブルを外し
キチンと電流を流さない対策をしなければいけなかったのだ


その後
近所のバイク屋さんに相談し
バッテリーを取り外さなくても直接充電できる
バッテリー充電器を購入


早速12時間程度充電して
見事にエンジンが一発でかかるようになった




なんか心のバッテリーも同じかなと感じた
基本走らないとバッテリーは充電されない


景気が悪いとか
他社が凄いからとか
競争が激しいからとか
時間が無いからとか


忙しさを理由に
周りの環境を理由に

自分自身の行動を制限したり
行動することそのものをしなかったりしていると
心のバッテリーは限りなくゼロに近くなる

行動するからこそ
消耗するので無く

行動するからこそ
その経験から
その失敗から
また成功から

次へと飛躍するための
心のバッテリーが充電されるのだろう



少し今からXL1200Rを引っ張り出し
西浦海岸を走ってこようと思う

posted by MORITA at 08:50| Harley‐Davidson | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ハーレーと海と僕の夢



渥美半島の先端

どこまでも続く太平洋を眺めながら
砂浜に打ち寄せる波の音を聞いた


DSC02459.JPG






透きとおった青空
まぶしい冬の日差しを全身で受け止めた



時間を忘れ
潮の香りを胸いっぱいに吸い込み
バイクで冷たい風を走り抜ける


DSC02474.JPG



誰もいない砂浜で

自分を見つめ
未来を覗き
もう一度自分のしたいことは何なのか?
自問自答してみた

そうすると
自分の夢が
少し色あせていたことに気付いた




DSC02476.JPG


波の音が
冬の冷たい風が
ライダーブーツで踏む砂の音が
冬の日差しが


自然の中に
自分を置いてみると
自然が多くのことを語ってくれる


自然が色あせた自分の夢を
描き直せと言っているようだった




DSC02481.JPG



夢は、未来の自分に出会わせてくれる
夢は、自分の未来を変える力を持っている
夢は、自分を大きく成長させてくれる



夢というのは
遠い将来
偶然に手に入れるものではない


夢を手に入れるために
必要な行動を今行動しているのか

大切なことは
今日という日が、自分の未来の夢に直結していることを
心から理解しているかどうかということ

そのことを僕自身が忘れていたようだ




幸いなことに
自分の夢は、誰も束縛しない
自由に選ぶことができる


そして、
夢は決して逃げない


今日も夢を実現させるための
小さな一歩を歩もうではないか


太平洋のどこまでも続く海原で
新たな夢に向かって力強く歩んでいく
誓いを打ち立てることができた


最高の塾を作るために




夢は逃げない
逃げるのはいつも自分だ

高橋歩
posted by MORITA at 09:27| Harley‐Davidson | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

Running On Empty



テスト対策

6週間にわたる父母面談

高校進学説明会と

気がつけばこの3ヶ月間

走り続けた毎日



ふと授業が終わった後

ジャクソン・ブラウンの

Running On Emptyが聞きたくなった











リフレインの

Running on empty

Running blind

Running into the sun

But I'm running behind



見えないゴールに向かい

迷いながら走り続ける若く未熟な気持ちが

シンプルな歌詞とメロディが心に拡がる


「あっ、明日バイクで走ろう」

と思った











19日は

まったく予定がなかった

天気はいい

蒲郡の海辺を少し走ろう




ガレージからXL1200Rを引っ張り出し

隅々まで水をかけ

少しホコリをかぶった鉄馬を磨きあげる




実は

5月に大型自動二輪のライセンスを取得して以来

ほとんど鉄馬に乗ることがなかった




XL1200R 0012.JPG






チョークを引っ張り

2,3回アクセルを廻し

セルスターターをワンプッシュ

火を入れる

1202ccのエボリューションが勢いよく目覚める



アクセルスロットを軽く絞り込み

ゆっくりクラッチを離すと

車両重量260kgの巨体がゆっくり走り出す





バイクの奥底から送り込まれる

バイブレーションが体の芯まで響き



突き刺さる太陽の陽射しを

体中で吸収しながら


細胞一つ一つに

心地よい潮風が送り込まれる



四輪では感じ得ない

独特の快感











たぶん、四輪よりも二輪のほうが

自然との距離が近く

体全体で自然を感じることができるせいか

生きるためのエネルギーみたいなものを

充電している感覚が強いのだろう




これからも

仕事は忙しくなるのだろうが

気負わず

気の向くままにバイクで走ろうと思う

走り続ける行動を

走ろうという気持ちを

きっと神様が祝福してくれるはずだ。


















posted by MORITA at 07:23| Harley‐Davidson | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。