2012年02月06日

山頂


二十歳の時、初めて富士山に登った。



老若男女を問わず、毎年約20万人以上が、山頂をめざすと言われているが、そこは3000mを超える日本一の山。幾つかの過酷な壁が立ちはだかる。五合目まで車で登り、高地に身体が順応しないまま登り始めたため友人は、軽い高山病にかかってしまい、途中全く身体が動かなくなってしまった。


富士山A.jpg


登山に挑んだのは、真夏の7月でしたが、山頂付近の夜明けの頃の気温は平均5度。夜9:00から登り始めたが、日の出間近の8合目、9合目のあまりの寒さに悲鳴をあげたのを覚えている。




しかし、それ以上に過酷に感じたのが9合目から山頂までの距離にして、わずか数百メートルを登りきることだった。目の前には、今まで目指してきた頂きが直ぐそこにあるのに、その傾斜は、今まで以上に急で、残された体力と気力で登りきれるかという不安にかりたてられた。のどは渇き、吐く息は荒く、一歩踏み出す足がなんとも重く感じた。


 

疲れ果てた私は、背中を丸め自分の足元ばかり見つめていた。「もう、やめよう」「もう、これぐらいでいいんじゃないかな」そんな言葉が何度も何度も頭の中をよぎった。



 

でもふと、そんな時、自分の歩んできた道を振りかえてみた。振りかえるとそこは、どこまでも白く広がる雲海、空の青さと雲海の白のコントラストが言葉にできない美しさを奏でていた。


富士山.jpg



「こんなところまで登ることができたんだ」振り返ることで、自分の位置を再確認し、ここまで登れたという自信が込み上げてきた。こうなると不思議なものだが、疲れきった体のどこから湧き上がってくるのか解らないのだが、力が溢れてきた。もう一度、頂きをゆっくり見つめ直すと頂は、どこまでも透き通った青い空を背負って輝いていた。


 

現状の苦しさから逃れることばかりにとらわれ、自分の目標を失いかけている自分に気付かされた。丸めていた背中を伸ばし、頭を上げ、再び、足に力を込め山頂を目指した。



受験生諸君!!君の目指す頂きはあと少し、しんどい今だけに心を奪われないで、本気で取り組んできた歩みを振り返れば、自信が取り戻せる。そして、もう一度しっかり見つめ直してくれ、自分の未来を!そうすれば、必ず頂に登りきることができるから。深呼吸をして、息を整え、あと少し、登りきるぞ!!





posted by MORITA at 08:24| 生徒に伝えたいこと | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

その生徒のノートにはこう書いてあった(失敗から学んだこと)

1日のうちでどんな些細なことでもいいから
失敗した数と成功した数を数えてみて
失敗した数より成功した数の方が多いという人はどれぐらい多いのだろう


自分のことを振り返ってみると
はるかに失敗した数の方が多い
その中で自信すら失うこともよくある


できれば失敗はしたくない
失敗という言葉も聞きたくない


しかし、失敗をいかに次に繋げ
肯定的にとらえるかで
未来は変わっていく


前回のテストで失敗してしまい
結果が良くなく自信を失ってしまった生徒よ
これで終わりじゃない


君にいくつかの言葉を贈ろう


人の値打ちは失敗するか、しないかではなく
失敗から立ち上がれるかどうかできまる


失敗して、だめになった人より
成功して、だめになった人の方が多い


失敗は
致命的な失敗と
発展的な失敗がある


成功は、次の成功の呼び水
失敗は、次の成功の足がかり


人間はどれだけ知っているかではなく
何ができるかで、値打ちが決まる



生徒達よ
今回の失敗を次にどう生かすのか
考え、考え、考え
行動に移してほしい



失敗すると
どうしてもネガティブな気持ちが心を支配してしまう


「僕は、どうせ○○だから、やってもしょうがない」
「私は、失敗ばかりする、次もきっとそうだ」

否定的に考えたり、言い訳したりしても
そこから何かが変わるわけではない
そこから先には進めない


テスト後の何人かの塾生達の自学ノートには
テストの失敗を生かして
次のテストに向けて努力をし始めていた


学校のテキストを授業進度に合わせて
自主的に進め、何度も間違いのやり直しを自学にやっていた


テスト前にあわてて勉強しても
充分なテスト勉強ができないことの反省から
日頃の家庭学習からテスト範囲となる
学校のメインテキストやサブテキストをしっかり演習することを始めていたのいだ


次のテストに向けて勉強を始めている
その生徒の自学ノートにはこう書かれていた



テスト10日間前からテスト勉強を始めたら今回は失敗してしまったので
2か月間がまるまるテストの準備期間だと思って
今日から勉強をしていきます!!



panelimg.jpg





(PS)先日、オープンしたばかりのヒマラヤで、新しいスイミングキャップと水着を購入してきました。1週間に3日間泳ぐことを1か月間続けることができた自分へのささやかなご褒美です。これで、また新鮮な気持ちで練習できます。それから、最近読んでいる本が、「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」という順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏が書かれてた本を読んでいます。今日の中日新聞でも掲載されていましたが、自律神経のコントロールが体の免疫力を最大限に引き出すことを、医学的に解明した本で、興味深く読んでいます。


posted by MORITA at 22:58| 生徒に伝えたいこと | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

チャンピオン

チャンピオンとは
倒れない人のことではなく、
倒れても起き上がる人のこと


 

これは、中谷彰宏氏の
「不器用な人ほど成功する」に書かれていた言葉です


試合中にボクサーは何度も打たれて倒れます
倒れないボクサーなんて1人もいません
チャンピオンでさえ時として倒されます




でも、そんな中
ボクサーには2通りいると思う

 1つは、倒れて起き上がれない人と
もうひとつは、倒れても起き上がる人です


七転び八起きとは
七度転んで八度起き上がる意から
多くの失敗にもめげず
そのたびに奮起して立ち直ることを意味しますが
同じことではないだろうか


一度倒れて起き上がれば素晴らしい
二度倒れて起き上がる人はもっと素晴らしい


子供達に
スポーツでも、勉強でも、
いや生きることも同じなんだという事をしっかりと伝えたい













  

posted by MORITA at 22:53| 生徒に伝えたいこと | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

今を生きよ


昨日、授業前に受験生達に話したこと



「頑張ったけれども、やっぱり自分は」という言葉を、耳にするけど、君のことをダメだと言うのは友人ですか?兄弟ですか?先生ですか?両親ですか?私は思うんです、自分の生活の何分の一しか見ていない人に君自身の何がわかるというのですか?その人は、君の心の奥まで見てくれていますか?


ダメだと言っているのは、もしかすると自分の心が言っているのではないでしょうか?でも、本当にそう思っているのなら、本気で頑張った後に、溢れ出す君の涙は何なんなのだろう?悔しくて、残念で、たまらない気持ちがあるから、涙が溢れてくるんでしょう。それって、本当はダメな自分が自分じゃないという気持ちのあらわれじゃないんだろうか。


「頑張ってもダメだ」「何どもやってもダメだ」「いつも、いつもアカン」とつぶやいている君!いつもって今までのことだろう。ダメだって言っているのは今日までのことだろう。今からの自分もダメだって誰が決めた。明日の自分もダメだと誰が決めた。周りの人間が君にささやこうが、自分の心が決めつけようが、そんなのは今までの自分しか見つめることのできない奴の言うことだ。私は思うんだよ、自分の価値は、今の自分が決めるものだ。


僕の大好きな曲にさだまさしさんの「主人公」という歌があるが、人生の主人公は間違いなく自分自身であり、君いがいにいないことを忘れるな。自分の人生を他人の目で決めるな。昨日の自分が人生を決めるものであってはならないんだ。今日やろう、今やろうという気持ちが人生を決めていくんだ。


アカン時の自分ばかり見つめていても何も変わりはしないんだ。そういうのを「過去に囚われる」と言うんだよ。過去には、昔を懐かしく思う過去はあっても、引き回され、振り回される過去は無いんだ。君は、何歳になった。14歳、15歳だろ。「おぎゃー」と産まれて、たかが十数年。人生80年生きたとしたら、まだ始まったばかり。それで、全て決まったように言うのは早いよ。


こんな言葉がある

少年易老學難成
一寸光陰不可輕


「少年老いやすく学なりがたし 一寸の光陰軽んずべからず」意味は、若いうちはまだ先があると思って勉強に必死になれないが、すぐに年月が過ぎて年をとり、何も学べないで終わってしまう、だから若いうちから勉学に励まなければならない、という意味のことわざである。(ウィキペディアより抜粋)


今日、皆に伝えたかったことは、1つは、他人の目で自分を小さくするな!ということ、そして2つめは、アカンかった過去に振り回されるな!私はできませんというような自己限定したらダメだということ。そして、3つめは、時間は無限に或わけではない。未来を切り開くには、”今”を本気で生きてほしいということだ。時間は、あっという間にすぎてしまう。明るい未来も、大きく成長するこれからの自分も、本気で今を生きたかどうかで決まる。それを忘れたらいかんよ!ほいじゃ、授業やるよ!




DSC02251.JPG
posted by MORITA at 00:00| 生徒に伝えたいこと | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

心の花を咲かせよう




いきものがかりの「心の花をさかせよう」の歌詞が好きだ



私立高校の一般入試が終了し
次の扉をノックする瞬間がまじかに迫っている
公立高校推薦入試
そして、30日後の公立高校一般入試


今年の受験生達と
歩んだ3年間を振り返ると
何度も何度も叱り
チェックテストができずに遅くまで追試を受けた生徒
雨の日も雪の日も自転車で通塾してきた生徒

全てが懐かしく
今でも鮮明に記憶に残る
あの日、あの時

必死で頑張ってきた瞬間を
共有してきた3年間は目まぐるしく
忙しい毎日だったよな


受験生の1人1人に伝えたい
目の前の入試という大きな壁を前にして
突風が吹き荒れ不安に押しつぶされそうになっているかもしれない
そんな君にこの言葉を贈ろう


「自分の思うようになることなど、そうあるものではない。
 自分の思うようにしたいが、現実はそうではい。
 が、それは裏を返せば理想や夢があるということだ。
 だからこそ、人間はそこへ近づくべき努力をしなければならないのだ」

野村克也氏の言葉より



MP900410057[1].JPG



人間、うまくいかない時の方が多い
でも、失敗したからといって
諦めてしまったらそこで終わりじゃないかな


雨の日が永遠に続くわけではない
雨はいつか降り止み
必ず青空がその後に君の頭上に現れる



風の日があるから
雨の日があるから
晴れの日がある



君の頭上に
晴れた青空の広がるその日に
君の心の花を咲かせよう

その日まで僕は
君を応援し続けるから







 


posted by MORITA at 09:33| 生徒に伝えたいこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。