2012年03月05日

old friends

年賀状のやり取りだけをしている古い友人達がいる


遠く離れていたり
再会する機会を作れなくて
年賀状だけになってしまう


お互いの年賀状には毎年
「再会を楽しみにしている」とか
「今年こそ酒を酌み交わそう」だとか

気持ちはあるのだが
お互いに行動するまでの重い腰が上がらない
だから、今年は私から連絡を取って会うのが目標にした


昨日は、その中の古い友人と
こちらから電話して10年ぶりに再会を果たした








友人とは学生時代によく地元の喫茶店に行った
一杯のコーヒーで何時間も話をした

不思議なぐらい
なんでもない話を止めどもなく




だから、10年ぶりの再会はお酒の席ではなく
二人でコーヒーの香りの中で話をしたかった


10年間の溝をゆっくり埋めるように
少しずつお互いの話に耳を傾け
時には沈黙し
また、思い出したように話しだす



日曜日の午後
時間を忘れ
古い友人と貴重な時間を過ごす


また、会おう
old friend


posted by MORITA at 10:16| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

娘から「いってらっしゃい」の返事が・・・・


先々週からこの三週間は
父母面談の準備や面談に取り組んでいる
通常の業務以外に大切な行事が入ってくると
朝から晩まで私自身フル稼働である

先週を振り返るだけでも毎朝6時に起床して
7時前には自宅を出て塾で仕事を始めていた
こうなると小2の娘より家を出るのが早くなる



出かける時にこんなことが気になった



私が玄関先で「行ってきます」を言うと
嫁からは「行ってらっしゃい」が返ってくるが
小2の娘からは返事がない

もう一度「行ってきます」を言うと
そこで娘から「行ってらっしゃい」の返事が聞こえる
そんなことが2,3回続いた


正直、すぐに返事が無いのはよくないと思い
娘を注意しなくてはと思っていた



そして、今日いつものように
「行ってきます」と言うと
すぐに「行ってらっしゃい」と元気な声が返ってきた
「あれ?」今日はすぐに声が返ってきたなと思いつつ

しばらくして原因が彼女にあるのではなく
私にあることに気付かされた


理由は簡単だった
私の声が小さかったからだ
気付けば今日の私は
明らかに以前よりは、大きな声で家を出た

疲れていたせいもあるかもしれないが
先週の私のあいさつは元気がなかった




小学2年生の朝は
お父さんが考える以上に忙しいのだ

顔を洗い、歯を磨き、朝食をゆっくりしっかり食べ
こたつの中で着替え、NHKを見て
重いランドセルを背負いながら
何度も何度も見送る母親に手を振らなければならない

小さい声のお父さんの「いってらっしゃい」
など聞こえるはずもないわけだ





娘から返事がないので
2回目は大きな声で言っていた
だから2回目は聞こえて
娘からの返事があったのだ


娘を注意する前に
私が注意しなければならなかったわけだ

こんなことは生徒との間にもあるような気がしたし
人を注意する前に
自分自身を見つめることができる
心のゆとりを持ちたいですね




(ps)映画評論家の淀川長治氏の「これをやっていれば幸せということ、誰でもひとつ、あります。それを探しなさい。それを見つけて仕事にしたら、きっと幸福ですよ。」という言葉に触れたとき、こんなことを思った。今の時代、大学を卒業しても就職することが難しい。まさに就職氷河期だ。50万人の人が就職活動を行い、そのうち10万人以上が就職できず卒業しているとも聞いている。こんなに就職自体が難しい環境の中、自分の好きなことを仕事にしていくのは、並大抵のことではないような気がした。

だからこそ、思った。この仕事をしていると、高校に合格させることに全てを集中してしまいがちになる。入ることも大切だが、出てから何をするかがもっと大切な時代に突入している。進路指導は、いかに入るかだけにとどまらず、その生徒のその後も考えたものにしていきたい。そんな進路指導をこれからも目指していきます。

posted by MORITA at 08:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

バンザイ〜好きでよかった〜


kako-3nlf8zT6kQntAXZe.jpg



土曜日までの冷たい雨もやみ
気持ち良い晴天の日曜日

後輩の結婚パーティに出席するために
僕は名古屋にいました


パーティは、
多くの友人が集まり
終始心温まるものでした


その中で一番印象的だったのが
新郎から新婦へのラブソングのプレゼント





新郎のその歌声は
ただ、ただ熱く、熱く、突き抜けていた

歌声は、出席者を魅了し共鳴し
大きなうねりとなり
大合唱となった

そして、新婦の優しい眼差は
新郎だけを見つめ
ただただ静かに
全てを受け止めていた


言葉にできないぐらい
お二人の目に見えない絆が素敵に思えた





kako-tRge6UhBa3D0p0uA.jpg



伸幸君、里江子さん、結婚おめでとうございます!!!







posted by MORITA at 09:45| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年



新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

竹島に初日の出を見に、家族3人で行ってきました。


IMG_1343.JPG

今日の日の出の時刻が朝の6:50でした
自宅を朝の6時前に出発



吐く息が白く
冷たく新鮮な空気を
肺の中にいっぱいにいれるのが気持ちよかった

IMG_1362.JPG




着いた時には多くの方が
初日の出を見ようと橋の上にいました



IMG_1358.JPG

急速に東の空が明るくなり
茜の神空の領域が拡がる

日の光が波間に映し出される美しい光景
只々変わらぬ平穏な日々が続くことを
天に祈るばかりでした



IMG_1365.JPG

新しい年が始まりましたね!










posted by MORITA at 16:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

考えたことを形にする


来年度に向けていくつかアイディアはある
しかし、そのアイディアを形にすることが難しい

形にするには
考えて考えて考えて
思考の深堀りが必要なのだろう


進学塾時代の営業会議の時
当時、営業課長だった私は
1つのテーマが与えられ
考え抜くことが要求された

そこでは
借り物の思考術ではなく
身体で考え抜いた行動術が絶えず求められた


そのために
本部から教室までの移動の車の中で
食事中も
散歩の時も
夢の中でも
24時間考え続ける習慣を
そこで身に付けた


考え抜くことは
しつこく考えることであり
それは思いを強くします
強い思いは
行動のばねとなり
思考を実行へと導びきます



まだまだ、来年度に向けて
アイディアの輪郭が見えてきていませんが

あの頃の営業会議の時のように
それこそ前日から本部で徹夜して
考え抜く姿勢が今の自分には必要なのでしょう

年末まで、時間を確保しつつ
少し塾から出て、違う環境に身を置きます

新しい年に向かい
最高のスタートを切るための準備
頑張りたいですね










posted by MORITA at 09:04| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。