2010年08月23日

年齢は関係ない



先週の火曜日も

蒲郡市体育館のトレーニング室で

1時間強、体を動かした




2ヶ月前から始めたトレーニングも

週1〜2回のペースで

習慣化してきた




ベンチプレス

スクワット

スタンディング・カール

シットアップ



シンプルな種目ばかりを

各種目を1セット10回

それを5セット

無理なくやっている




練習開始から

10分もしないうちに

額からぼたぼたと

滴り落ちる汗がたまらない






塩 004.jpg





高校・大学と空手のために

体作りの一環として

ウエイトトレーニングをしていた経験が役立っている




しかし、練習に行けば行くほど

落ち込むというのか

自信を無くすというのか




10代は

ヒンズースクワットを

1日100回をこなし

べンチプレスを

80kgは上げていた




でも、

今は、ベンチプレスは40kgが限界

ここまで筋力がさがったかと

本当に情けなくなる





MP900405156[1].JPG





15年以上も

トレーニングしていなかったのだから

仕方がないのかもしれないが

ついつい

「もう、歳なのか?」

とつぶやいてしまう

もう1人の自分がいる






勉強でも

スポーツでも

うまくいかない理由を手っ取りく考えて

できないことを肯定化したい自分がいる




「これは仕方が無いんだ」

「できなくても、しょうがないんだ」

と納得させたいもう1人の自分




昔のようにできないことを

年齢を言い訳にすれば

素直に現状を受け入れることができる




でも

自分の頭で考えた言い訳なんてものは

一気に打ち砕かれるのも世の常で




MP900405158[1].JPG






火曜日の練習中

僕よりも10歳、いや15歳以上の年長者の方が入室されてきた

捲り上げられたT-シャツから

力強い男の象徴でもある見事な上腕二頭筋が・・・

見るからに僕の2倍はあった





そして、

ベンチプレスは、

なんと100kgを軽々と持ち上げている



どう見えても年齢は、60歳以上の方でした

でも体は、筋肉の鎧をまとい

バーベル、ダンベルを軽々と持ち上げるその姿・・・・・・・





年齢は、関係ない

できない理由を

あ〜でもない、こ〜でもないなんて考えても





今回のように

目の前に年配の方が突然現れて

僕のできないことを

軽々とこなしてしまう

まさに一刀両断




こうなると

素直に「練習しかないよな」と思えるし

リスペクトというか憧れというのか

その年配の方に

少しでも近づけれるように頑張りたいと思った









posted by MORITA at 06:03| ダイエット&トレーニング | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

筋量


ある雑誌に

書かれていたのだが

筋量の低下は

35歳くらいから始まると言われていて



35歳を境に

毎年約1kgずつの筋量が

減少していくそうだ



僕は、30歳から

ダイエットを始めた44歳まで

全く体を動かすことをしなかったので

35歳から数えて

9kg以上の筋量が

失われていることになる





事実、2年前を振りかえると

9kgも筋量が減った身体は

体脂肪は増え

体重のピークは86.7kg



階段を駆け上がっただけで息切れをし

1日中歩くと膝や腰が痛み出し

動くのもやっとという状態だった




頭に

「このままだとヤバイな」

と言う言葉が何度も浮かぶ毎日だった






それから一念発起し

ウォーキングやスイミング

食事の節制

タバコの禁煙など通して

1年前に

10kgのダイエットに成功し

1年間

76kgをずっと維持している





しかし






ダイエットに成功したといえども

たるみきったこの体

先ほどの筋量不足は否めないのが現状で

45歳を過ぎると

遺伝子的な病気が発症するケースが多くなることや

ホルモンの問題が発症しやすくなり

エネルギーの低下が見られるようになるそうだ






だから、今

新たに挑戦をしてるのが

ウエイトレーニングだ


ジム 005.jpg




筋量という点では

今年の5月に大型自動二輪の免許を取得する際に

嫌というほど思い知らされた

まさにPOWER不足

それを補うために




ジム 001.jpg





週1〜2回のペースで

体育館のトレーニングジムに出かけ

筋量UPの練習を1時間程度行っている





噴出す額からの汗

捻り出す筋肉からのエネルギー

肺から言葉にならない唸り声がジムの中でこだまする







僕は塾の講師だ

それも40歳を超えたオヤジ講師だ

四捨五入すれば50歳になる




生徒達と接する時

足りないものと言えば

若さなのかもしれない




それゆえに

お腹の出っ張った

塾講師であってはならないし

少しのことで息切れして汗だくな

塾講師であってはならない





COOLじゃないんだよね





大手の進学塾や個人塾でも

複数の先生がその教室にいる場合は

教室の雰囲気を引き締める文鎮役として

年配の先生がいてもいいし

雰囲気を和ませる

お腹の出たポッチャリとした先生がいてもいいと思う

まさに12色の色鉛筆状態なのだから

いろんな色が存在することが売りとなる





でも

未来義塾は僕1人の学習塾だ

僕そのものが商品で

まさに商品は

単品状態






とすると

少なくとも生徒達には

内面的な成長はもちろんのこと

外見上でも

先生が努力していることを

感じてもらえる行動はしていなくてはならないし

ポッチャリよりはスマートがいいのだろう




要は、内面的にも外面的にも

絶えず一生懸命磨かないと

光らないわけだ








スマートな、それでいて少しだけマッチョな

ハーレーにまたがる

ティーチャーを目指して

この夏汗だく宣言


「気合だ!」




ジム 007.jpg



(PS)

なんという形相〜♪

まさに何かとりつかれてトレーニングしています

押忍!!










posted by MORITA at 19:34| ダイエット&トレーニング | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

ブルーブリッジ





自転車2 005.jpg


早朝5時から2時間

西浦海岸まで往復

自転車走行した





自転車2 013.jpg





途中、形原漁港大橋

通称:ブルーブリッジを渡った





自転車2 002.jpg





時間にして数分間でしたが

心地よい潮風と

橋の上から見渡す三河湾

車で走るのとは違う開放感に満たされた




自転車2 007.jpg




posted by MORITA at 10:44| ダイエット&トレーニング | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ラグーナ

自転車 016.jpg




まだ車がほとんど走っていない時間

日中の猛暑が嘘のように

少しひんやりとした風の中を

自転車で全力で走る




噴出す汗と

吐き出す息が

自分を浄化しているようで

もう一段ギアを上げた




目指すは

ラグーナの海



自転車 022.jpg









(PS)

もう、この自転車に15年も乗っています。

帰りは、ラグーナから三谷漁港を通り抜け竹島と

ゆっくり海を見ながら帰ってきました。



自転車 023.jpg



posted by MORITA at 09:48| ダイエット&トレーニング | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

桑谷山荘

桑谷荘 012.jpg



今ちょうど桑谷山荘から歩いて帰ってきた

未来義塾から片道10.4km

往復20.8km

歩数にして往復25008歩

午前9時から出発して

山頂の展望台まで2時間30分



海抜350m

三河湾国定公園内にある

この山荘から

三河湾を眼下に

私の住んでいる故郷蒲郡を一望したかった



桑谷荘 026.jpg



どうしても今回は歩いて山頂まで行きたかった

「なぜ?」






ただ

気合を入れたかった




自分を奮い立てるために

心の中で

「喝」と大声で叫びたかった





頭で考えるじゃなくて

ぼたぼたと額から汗を流し

息も荒く

心臓の鼓動が脳まで伝わり

前に一歩進めるのがこんなにしんどいのか?

と体で感じることで

今の自分に気合を注入することができる



「闘魂注入」















posted by MORITA at 15:00| ダイエット&トレーニング | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。