2011年08月26日

nothing ventured nothing gained


今週の英会話授業の最後に
Ben先生からこんな質問があった


「あなたの生き方はどっちですか?」
@better safe than sorry
Anothing ventured nothing gained


私は、一瞬迷いながら
でも、すぐにこう返答した
「100%ではないが、僕の生き方はnothing ventured nothing gained だ!」と

すると、Ben先生は、
「100%ではないなら何%ですか?」
と尋ねてきた


これも即答で
「トェニー、エイティー」
@が20%、Aの生き方が80%


better safe than sorryの意味は多分
「後で後悔するよりは安全でいた方がいい」で
「転ばぬ先の杖」などのことわざがしっくりくるのだろう


nothing ventured nothing gainedの意味は
「思い切ってやってみなければ、何も得られない」
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざが適切なのだろう



自分の40代に入ってからの生き方を振りかえってみて
41歳で、それまで勤めていた会社を退社し
不況の真っただ中
ゼロからたった1人で塾を立ち上げた自分の生き方は
まさにventureな生き方なのだろう
ベンチャーな生き方が正解か、
不正解なんて解らないが


でも、思うんだ
幸せなんてものは、他人から
「お前幸せだよな」と言われて感じるものではないし
ましてや痛みや悲しみは、他人が代わってくれるものではない


平坦な道は、歩きやすいかもしれない
平坦な道は、ゴミひとつもないきれいな道かもしれない
でも、ゴミもないけど、その代り石ころも何も落ちていない道なんだ
石ころがなければつまずいたりしない


平坦だから
上るのにいっぱい汗をかくような急な上り坂も
転びそうになる急な下り坂もない

でも、それじゃアカンよね
石ころがあって転んだ時が大切で
転んで起き上がるときに人は何かを得ることができる

いっぱい汗をかいて
ハーハー言いながら歩くから
自分の歩いたところが道になるんだ




提携校の塚越先生が7年前に
当時、立志塾を立ち上げる前の多忙な時期
私に言ってくれた言葉を思い出した

「もう、めちゃ、めちゃ大変だよ、守田先生」
「もうねぇ、毎日がアドベンチャーだよ」

この言葉は、忘れられない
「毎日がアドベンチャー」


男が身体を張って、
圧倒的な努力をし
七転八倒しながら
大きなリスクを背負って
何かを成し遂げようとしている姿がそこにあった

大変なんだけど
どこか清々しい

しんどいんだけど
そう発する塚越先生の姿に
「俺は、今日も生きている」
生を感じた


nothing ventured nothing gained








posted by MORITA at 10:29| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

multiculturalism


今日Ben先生と話した内容が

multiculturalism

つまり

多文化主義




多文化主義とは

異質な文化を持つ集団が存在する社会において

それぞれの集団が平等に、対等な立場で扱われるべきだとする考え




たぶん

先日のノルウェーのテロ事件などのニュースから

今日のディスカッションの内容として

このマルチカルチャライズムについて取り上げられたのだと思う




当然、Ben先生に多文化主義の話を聞くまで

私自身、multiculturalismという単語も知らなかったし

最初は、何が何やら、何を言えばいいのかさえ戸惑ってしまった

若干、ニュースでテロ事件について知っていたので

そこから話す糸口を探していった




知識が無いと

自分の考えをうまくまとめられず

ましてやそれを英語で伝えるのは

かなり至難の業だ






でも、会話そのものが刺激的で

脳がフル活動する感覚が味わえた

話の内容が刺激的だったというではなく

まったく波の立たない湖面に

小石を投げられ

中心から円状の波が立つような感覚とでもいうのか





ここ1か月間、ある意味多忙で

思考することは仕事のことばかりだった



目の前に迫る緊急のことを優先するあまり

塾、塾、塾、仕事、仕事、仕事

状態が続いていた



個人的には、別にそれが嫌なわけではないが

何か1つのことを深く思考したり

感じたりすることに無頓着になっていた気がする



また、自分の視界が狭かったような気もした

自分だけを見つめたり

仕事だけを見つめていると

生きていく上でのバランス感覚を失いやすいのも事実である

まさに、人はパンだけで生きるものではないのだから





そういった意味で

今日のお互いのディスカッションはかなり刺激だった




常日頃考えないことがテーマだったり

知らなかったことを学ぶ面白さだったり

そういった1つ1つが脳を活性化し

自分の視界を拡げてくれる




Ben先生の多文化主義に対しての考えで

mixとmeltの話はかなり興味をそそられたし

今のヨーロッパの情勢や

人種のるつぼといわれているアメリカと

ヨーロッパの多文化主義の比較も面白かった





授業が終わった後

改めて感じたことは

教養のある人や勉強している人

視野が広い人は

年齢に関係なく

フレッシュな感覚を持ち続けていて

話をしていても、とても面白いということ





僕の英会話の先生がそうであってよかった





posted by MORITA at 00:00| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

英会話と父母面談



英会話と父母面談というタイトル。一見共通点があまりなさそうな二つだが、Ben先生との英会話の授業の中で気付かされることがいくつかあり、それを自分なりに消化し、現在4週間にわたって行なっている父母面談に活かしている。



先週の授業のことだ、僕は女性や男性のそれぞれの家庭での役割について、特に父親、母親という立場で子供にどう接すべきかというテーマをBen先生と話をしたかった。「なぜ?」かというと、彼がアメリカ人で、大学では教育学部で英語を専攻し、その後大学院で修士号を取得しているからだ。現在は英会話の講師として教える立場にある。また、二人のお子さんを持つ父親でもある。僕も彼も父親であり、同じ、教える立場である者同士が話をすることで、新たな化学反応が起き、僕なりに発見があればと考えた。そのことをBen先生に伝えると、直ぐに了承、フリーカンバセーションが始まった。特に、日本の家庭での女性の立場、お母さんとしての立場について熱い話をすることができた。二人の会話をまとめるとこうだ。


DSC02860.JPG


女性は、結婚までは、自立するために、会社での中で学び、働き、男性と同じように社会の一員としてその人生をまっとうするために一生懸命生きている。しかし、結婚を機に、いや、子供の出産を機に生活様式が一変する。子供の誕生から、突然お母さんになるわけだ。それが、どれだけ女性の人生に変化をもたらせることになるのか。男性がお父さんになるのとは、わけが違う。大学生が研修を受けて社会人になるのとも違う。


女性は、母親になるための研修を受けて、母親になるのではない。全てが、手探りのうちに子育てが始まる。そして、子育てにゴールが或るわけでもない。また、どれだけ頑張って子育てしたからといって誰かに認められるわけでも、褒められるわけでもない。ある意味、孤独で大変な仕事である。子育てを仕事だと考える人は少ないのかもしれないが、逆に、我が子を社会に貢献できる人間に育成する仕事だと考えれば、スッキリ捉えることができる。アメリカでは、コミニュティがある程度しっかりしていて、お互いに問題を持っている人たちが多く集まり、問題を共有化することで解決することも話の中で聞くことができた。


結局、会話の中で、僕自身が先生として今まで以上に、お母さんたちの立場に近づくこと、そして同じ目線で話を聴くことで、今抱えている問題を明確にし、解決するたの方向性をお母さんたちと共有することができると感じた。だから、実際に実施してみて、良い面談になってきたと思う。






DSC02855.JPG



それから、昨日の英会話の授業は、僕がBen先生に無理を言って教室から外に出て、コーヒーを飲みながらレッスンを受けたいとお願いをしてみた。どうも、忙しくなってくると気分転換をしたくなってくる。有難いことに、僕の状況を理解してくれているみたいで、Ben先生も喫茶英会話にOKしてくれた。(イェー!!)わーい(嬉しい顔)



DSC02858.JPG



二人で、弘法山のHILL TOPにて美味しいコーヒーと我故郷、蒲郡の美しい景色を見ながら会話!!凄く気分転換ができました。いつも思うのですが、Ben先生との会話の中で、例えば、先程の教育に関する難しいテーマの会話でも、Ben先生がこの40代後半のおっさんの恐ろしいほど、たどたどしい英語をうまく引き出してくれてなんとか成立しているんですね。ふらふら



僕の話す英語は中学生レベルを超えることは無いわけですよ、それも途中どういったらよいかわからなくなり、よく中断します。ブログでは、かっこよく日本語で話した内容を書いていますが、その実は会話そのものは、あっち行ったり、こっち行ったりしています。やはり、先生がいいんだよね!サンクス!ベン先生。これからもよろしくお願い致します。<m(_ _)m>


posted by MORITA at 09:58| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

英会話学校はアウトプットするところ

昨日、GW明け最初の英会話授業があった
1ヶ月間の体験授業も無事に終わり
本格的に授業開始

30分間のフリートークの後
テキストを使ったレッスンに移行

フリートークの話題は
必ず「GW中どう過したか?」だろうと予測し
事前に自分のGW中の過したことを
英語で日記形式にしてまとめておいた


特に、潮干狩りで子供と過した時のことを話したかったので
いろいろと単語を調べた


まず、潮干狩りという単語がわからない
ムムムムム・・・・・・

それからアサリ?
そして干潮?
ふらふら


潮干狩り→Gathering shellfish
アサリ→Littleneck clam
干潮→Ebb tide


で、そこから干潮時前後2時間の間しか
潮干狩りができなかったことや
あさり4kgを採ったこと

娘が潮干狩りに興味なく波に戯れながら遊んでいたこと
子供が自然の中で遊ぶことは経験としてすばらしいことであり
生きていくための素晴しい教材であること

がく〜(落胆した顔)


「そんなの言えん!」

いいたいことはいっぱい
でも、頭の中もこんがらがって
いっぱいいっぱい


まぁ、それでもなんとか自分の英語にまとめて
いざ、ベン先生とのフリートーク
ベン先生の開口一番は
こちらの予想通り

「ゴールデンウィークはどうだった?」

僕は、心の中で「よっしゃ!」とつぶやきながら
2時間かけて準備したことをいっきに話しだした


結果は



なんと5分で
潮干狩りの話題終了

もうやだ〜(悲しい顔)

「お疲れ様でした!」


でも、僕的にはそれで十分満足でした
それは、英会話学校はあくまでもアウトプットの場だと捉えているから

正直、最初英会話学校へ行く時
「今日は、何を勉強するのだろう?」
「何を教えてくれるんだろう?」
受け身の姿勢で授業を受けていたんだけど

でも、その考えでは英語は身につかないことに
2〜3回通って気付いた
「俺、この姿勢じゃ、ダメだな」


だって週に1回1時間のレッスンで
何か飛躍的に身につくものではないということは
いつも自分が生徒に言っていること


今、個人的には英単語をアイフォンに入れ
朝のウォーキングの際に聞いています
公園で音読もしている

それから、NHKのリトルチャロ2は
楽しみながら毎日見ている

そして、そのほかにもいろいろと・・・・



じっくり考えてみたんだけど
インプットの作業つまり、覚える作業は
読書やCD教材を使えば家でも十分できます

でもアウトプットの部分は1人ではなかなかできない
問題集を解いたからといって分かるものでもない

英語は言葉なのだから
やはり、誰かとやりとりしなければ分からないものだと思う

そういった意味で英会話学校というのは
自分が準備してインプットしたことを
ネイティブの先生に聞いてもらうところだろうし
自分の英語を矯正してもらうところなのだろうと今は思っている


だから
英会話学校で何かを教えてもうのではなく
自分で学ぼうとする姿勢をもって
授業を受講している



最後に
本当にベン先生には感謝しています

昨日の授業でも
お恥ずかしい〜

途中全然自分の言いたいことが
英語で言えなくて
どれだけ授業が中断したことか

アイムソリー!ひげ、ソウリー!

でも、そんな時でも
いつもスマイル!
ベン先生

わーい(嬉しい顔)


(PS)
ベン先生、来週の授業ではおいしいコーヒーを持っていくからね!
それから、ベン先生が薦めてくれたBlue TreeのCDを買いました!

posted by MORITA at 09:42| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

自分で年齢制限したらアカン



この4月に入って
1日も欠かさず勉強している
仕事上の教務的な授業の準備だとか
また、読書とも違う



生徒達と同じように
机に向かいテキストを拡げ
重要語句にはアンダーラインを引き
学習内容のまとめをノートに書き写す


勉強する時間も
業務をしている時間とハッキリ分け
午前中や授業が終わって
夜の11時から始める

毎日の勉強時間は
30分だけの時もあれば
3時間以上勉強する日もある


でも、自分で決めたことだから
必ず何があってもこの勉強は
毎日続けようと思っているし
実際に続けている

まさに日曜日も祝日も関係ない
このGW中も勉強する



そして、この勉強が継続してできるように
やらなくてはならない強制力のあるものにするために
4月からスクールにも通うようにした


以前、提携校の塚越先生が
ブログにこんなことを書いていてた
http://risshijuku.dosugoi.net/

(立志塾のブログはこちら↑)


「新学期ってときめきます。
新しい学校になったり、新しいクラスになったり・・・
今年こそは・・・
っていろいろ浮かぶんだけど、その気持ちを行動にしてそれを継続することですね。
そこが味噌。」

物凄く共感できる
まさにそうで・・・・
気持ちを行動にし
継続することで結果を出すことができる

誰でも気持ちは抱くんだけど
実行に移せない

行動するんだけど
継続できない


このチャレンジは短期間で身に付くものではなのは分かっている
だから三日坊主にならないように
あえてやらなくてはならない環境に身を置くことした







僕が通い始めたスクールで
僕を指導してくれる先生が彼↓







英会話 008.jpg



今、通い始めているのが
我が愛する故郷蒲郡に
この4月に開校したばかりの英会話スクール
HIKARI ENGLISH

http://www.hikarienglish.com/

(詳しくはコチラを ↑ ) 



そして僕を指導してくれているのが
Head Teacherのベン先生です。わーい(嬉しい顔)



僕みたいなできの悪い生徒を
いつもいつもスマイル&スマイルでぴかぴか(新しい)
親切に指導してくれる



英会話については
これからこのブログで
いろいろと紹介していきたいかな


昨年は、大型自動二輪免許にチャレンジ
そして、今年は英会話に挑戦していきたい

僕みたいに50歳近くなってくると
頭が凝り固まってくる
今までインプットしたことも曖昧になってきているし
まして新しいことはなかなか入ってこない
だからこそやる意味がある


自分で年齢制限したらアカン
英語に年齢制限なんてない




(PS)
知人にこの話をしたら「守田先生は、以前アメリカに行ったことがあるから大丈夫でしょう!」と言われたが、もう20年前の話し。皆さん20年前のことってハッキリと覚えていますか?外国に行ったことがあるから、ぺらぺらに話せるわけではない。行った経験がある人は分かると思うが。もうね、笑っちゃうほど話すことができない。ある程度は聞くことは理解できるのだが、アカンネ、喋れんねぇ。おまえは、その程度か?と言われそうだ!

でも、それが面白いんだよね。もう、この年なって分からないことを分からないということは、いいんだよ。開き直れるよね。恥ずかしいとか、恥をかくとか、かけばいいと思うし、それ以上に自分ができるようになる過程を楽しみたいと思っている。その辺の知恵は、年の功で身についているから。まぁ、ベン先生には迷惑をかけると思うが、この1年はどたばたしたいと思っている。




posted by MORITA at 08:56| English conversation | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。