2012年08月31日

看板よ、お疲れサマンサ!!


おはようございます。
未来義塾の守田智司です。






昨日の午後1時から始まった看板工事





IMG_2600.JPG





交換前の古い看板!


2005年の開校当時のものですので、もう7年!
各文字が剥がれていました。





IMG_2601.JPG





三河ディスプレイさんが
固定していたビスを手際よく外していきます





IMG_2604.JPG




さすがにプロです。
あっという間に半分を剥がします





IMG_2607.JPG





剥がされた看板を近くでまじまじと見てみると
その劣化のひどさに驚かされます


そして、”長い間有難う”
という気持ちが溢れてきました

毎日、塾の存在を知らせてくれていたわけだから
毎日、眺めていた看板だから







IMG_2609.JPG




そして、新しい看板が取り付けられました!







IMG_2612.JPG





そして、今回新しく取り付けられた”塾の表札”






IMG_2618.JPG




facebookやメールで多くの方から
@〜Cまでの中で選んで頂きましたが
生徒達の票が一番あったのが






Cでした







IMG_2629.JPG




こちらは夜に撮影したもの



自分でいうのもなんですが
凄くイイ!です!

昨日は中1の生徒達が街灯で壁に映し出された
文字を見て「かっこいい!」と言ってくれました








88888.jpg




娘の指差す新しい看板を眺めながら
改めて自塾の存在意義を考えた


7年前に立ち上げた未来義塾
頼るところはどこにもなく
寄り添うところもなかった

たった1人で
「理想の塾」を目指し
がむしゃらに走り抜けてきた



そして、これからもそれは変わらない



あの古い看板のように
年齢を重ね、私自身も綻びが出てきた気もする
でも、こんな感情も浮かび挙がってきた



食べずに生活することはできないが
食べるためにだけ生活しているのではないと





改めて思う


再新再生を絶えず繰り返し
気概を持ってこれからも歩んでいきたいと



押忍!







(PS)1973年にリリースされた、エアロ・スミスのデビューアルバムに収録されている、第1次黄金時代の名曲「dream on」.スティーヴン・タイラーの高音のシャッウトも魅了されるのだが、やはりこの歌の歌詞が今この年になって突き刺さる。「鏡をのぞくたびに、皺がくっきりと刻まれているのがわかる。時は過ぎていく、夕暮れが、やがて夜明けになるように、そうじゃないかい?誰だって自分の人生に対するツケは払わなくちゃならないんだ。〜中略〜 夢を見よう 夢を見よう 夢を見よう おまえの夢が叶うまで。夢を見よう 夢を見よう 夢を見よう、おまえの夢が届くまで」










明日、ブログを引っ越します。




posted by MORITA at 08:47| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。