2012年08月08日

夢のレンガ






おはようございます、守田智司です。





サッカー日本女子の活躍が凄いですね!

8月3日に準々決勝でブラジルに2−0で勝利し
8月6日の準決勝でフランスに2−1で勝利


初の決勝進出と、
銀メダル以上を確実させました







888.jpg





そんな中、昨日、
なでしこJAPANの最年長で活躍する
沢穂希選手の言葉を受験生達に読んで聞かせました





沢選手といえば
アトランタ大会以来4度とも代表に選ばれている
チームの中心的な選手

いわばサッカー日本女子の歴史は
沢選手の歴史でもあったように思えます




1996年のアトランタではグループリーグ敗退
2000年のシドニーは予選敗退
2004年のアテネがベスト8

2008年の北京は記憶に新しいと思いますが
メダルまでにあと一歩及ばす4位でした



その経験のうえでの今回のフランス戦で勝利し
初のメダル獲得を確定させた瞬間の沢選手の気持ちは
いか程のものだったのでしょう



そんな彼女がこう言っています







1年365日あれば
いろんな日があるものです

それが何年も続けば、いい日ばかりが訪れるわけがありません

それでも私は、夢をかなえるためには
夢のレンガを積む作業が欠かせないと考えています



自分のコンディションが悪い日にも
夢のレンガをちょっとだけでもいいから積むようにいてきました



夢のレンガを積まない日をゼロにすることは
心がけ次第で誰にでもできることだと思います




沢穂希









EEE.jpg




沢選手がいうから重みのある言葉です



受験生達はどうしても
すぐに結果に結びつかないと
焦ってしまったり


追い込まれた時に
夢のレンガを積み上げることの
大切さを見失ってしまいます



行きたい高校に合格したいという
夢を目に見える形にしていく努力は
継続しかありません


そのことを沢選手の言葉から
少しでも感じとってほしいと思いました


さぁ、今日も夢のレンガを積み上げることをしょう
上を見上げながら
淡々と、黙々と













posted by MORITA at 09:53| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。