2012年07月07日

reflection


最近、反省することが多い


授業の出来、不出来
生徒への対応、言葉がけ
仕事でのいくつかのミス

自分の発言や行動を振り返り
あ〜すれば、よかった。 
こ〜すれば、よかった。

と・・・・・・・・


思うこと

感じること

が多々あった



私は、意外と心配性で、
人に言った言葉がどう思われたのか気にしぃで、
考えだすと夜も寝れなくなる厄介な性格

reflection

反省することが多いと、正直、落ち込むことも多いじゃないですか
そして、なかなかそこから抜け出せなくこともありますよね
生まれながらにラテンの血でも流れていればよかったのに(笑)
なんて思うことさえあるぐらいです

毎日、何かが反省があり
少し凹んでいました






kako-2mgSvZExeLWBUQVX.jpg





でも、気付いたんです


シャワーを浴びながら、
また、昨日のことを反省していました
でも、そうするとムクムクと、凹み始めた自分がいたので、
ブレーキを掛けるように反省すること自体を止めてみた


それから、
どうしてこんなに最近、
反省することを生活の一部のように
よく考えるようになったのかを考えるようにしたんです


そして、反省することは、
悪いことなのか、良いことなのか?
を考え始めました




考え始めると、
この言葉が自然と浮かびあがってきました。



「成功は失敗の彼方にある」




自分の毎日の発言や行動を顧みず、

間違いを認めず、

行動を修正せず、

そこから何も学ぼうとしないことは、

成長が無いに等しいことなんだと気付かされたんです。



まるで、それは、マイナスのサイクルから解き放たれて、
プラスのスイッチに「ドッカ」と入る感覚


反省すべきことは、良いことで、
その良いことを最近毎日欠かさずできるようになっている自分は、
正しい方向に歩んでいると確信した


反省することは、落ち込むためではなく、
反省することは、後悔することではない

反省することで、自己修正を図り、
そこから得られる教訓を学ぶためのもの








posted by MORITA at 11:37| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。