2012年05月02日

母と娘とかみさんと・・・


昭和8年生まれで
先月79歳の誕生日を迎えた母に
感謝の気持ちとささやかなお祝いになればと思い
GWの休みを利用して旅行に出かけた


当日娘とかみさんと僕とで
実家に車で母を迎えに行き
その足で京都の宇治に向かった

IMG_1792.JPG

会話が弾む車の中で
気付いたのだが
娘を含め4人全員が血液型がB型

オールBというわけだ
ある意味濃い集団

B型と言えば
自分勝手な人とか人の話を全く聞いていない人
凄くマイペースな人というイメージがあると思うが
まさに車の中の状態はそのまんまだった

4人が4人、もうメチャクチャ
誰もお互いのことなんか聞きやしない
自分の言いたいことを話している

でも、これが不思議
食べることになると
その団結力は絶大だ

誰かが「食べたい」と言えば
腹時計が同じ時間を刻んでいるのか
不思議と皆、
食べたい時が同じで
食べたい物まで同じ




IMG_1802.JPG


宇治に着いてまず
最初に向かったのが

「中村藤吉本店」


お店の中に入ると
やわらかいお茶の香りが溢れていた

創業150年の歴史の中に
懐かしくも落ち着く雰囲気がある

そこにおいしいお茶と甘味があるのだから
みんな笑顔だけになるわけだ




IMG_1828.JPG




お店を後にして向かったのが
ゆっくり歩いて30分ほどの平等院

私は、一度も鳳凰堂を訪れたことがなかった
10円硬貨の表の絵柄として有名な

そして、
世界遺産に文化財として登録されている
平等院を見てみたかった

1052年に関白藤原頼通によって開創され、
鳳凰堂はその翌年に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂として建立された


阿弥陀堂中堂大棟に設置されていた金銅製の鳳凰像


IMG_1842.JPG



寺院を母の歩みに合わせゆっくり歩いた

娘は、祖母と暮らしているわけではないので
この旅行を楽しみしていた

娘にとっては凄くいい経験になったと思う
大好きな祖母と旅行に行けたという以上に
全てを祖母に合わせるという経験ができたことだ

歩くスピードを合わせ
車から降りる時にも祖母を気遣い
食事を始める時間も食べ終わる時間も合わせる
人に合わせ、気遣うことを学ぶことは
こういう機会でないとできないのではないだろうか





IMG_1857.JPG


こうして母と旅行するのは40年ぶりだろうか
この旅で母からいろんな話を聞かせてもらった



母が幼かった頃の話
新城から嫁いできた日のこと
どんな思いで僕ら3人兄弟を育ててきたか
ゆっくり穏やかに話してくれた


いつからだろう
僕よりも小さくなった母





その日、泊まった温泉旅館で
ささやかな母の誕生日会を開いた

寝る時は、私が母の横で寝た
30年ぶりの母の横

静かに、ゆっくりと
寝ている母の寝息を聞いていた

その丸まった小さな背中に
多くのことを背負いこみ
大きなものを抱え込んできた
母の人生が手に取るようにわかった


「ありがとう、かあさん」




【関連する記事】
posted by MORITA at 10:17| Travel | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。