2011年02月10日

心の花を咲かせよう




いきものがかりの「心の花をさかせよう」の歌詞が好きだ



私立高校の一般入試が終了し
次の扉をノックする瞬間がまじかに迫っている
公立高校推薦入試
そして、30日後の公立高校一般入試


今年の受験生達と
歩んだ3年間を振り返ると
何度も何度も叱り
チェックテストができずに遅くまで追試を受けた生徒
雨の日も雪の日も自転車で通塾してきた生徒

全てが懐かしく
今でも鮮明に記憶に残る
あの日、あの時

必死で頑張ってきた瞬間を
共有してきた3年間は目まぐるしく
忙しい毎日だったよな


受験生の1人1人に伝えたい
目の前の入試という大きな壁を前にして
突風が吹き荒れ不安に押しつぶされそうになっているかもしれない
そんな君にこの言葉を贈ろう


「自分の思うようになることなど、そうあるものではない。
 自分の思うようにしたいが、現実はそうではい。
 が、それは裏を返せば理想や夢があるということだ。
 だからこそ、人間はそこへ近づくべき努力をしなければならないのだ」

野村克也氏の言葉より



MP900410057[1].JPG



人間、うまくいかない時の方が多い
でも、失敗したからといって
諦めてしまったらそこで終わりじゃないかな


雨の日が永遠に続くわけではない
雨はいつか降り止み
必ず青空がその後に君の頭上に現れる



風の日があるから
雨の日があるから
晴れの日がある



君の頭上に
晴れた青空の広がるその日に
君の心の花を咲かせよう

その日まで僕は
君を応援し続けるから







 


posted by MORITA at 09:33| 生徒に伝えたいこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。