2011年02月14日

心のバッテリー


ここ2ヶ月間バイクに
乗ることができなかった
新年を迎え今が忙しさのピークを迎えている


忙しくもあり
寒くもある
今日この頃



DSC02460.jpg



事件は先々週の金曜に起きた
いつものようにチョークを引っ張り
2,3回アクセルを廻し
セルスターターをワンプッシュ

「キュルルルル・・・・」
「キュルルルル・・・・」
「ガァガァガァ・・・・・」

「シーン」

1202ccのエンジンが目覚めない
まるで変なものを食べた時のお腹状態

「キュルルルル・・・・」
「キュルルルル・・・・」
「ガァガァガァ・・・・・」
何度やっても同じ


「アカーン!」
「バッテリーがあがってしまったもうやだ〜(悲しい顔)


ハーレー1年生の僕は
全くバッテリー上がりを防ぐ対策を全くしていなかった


勝手に週に1回ぐらいエンジンを
5〜10分程度かけて暖気しておけば
いいと思っていた・・・・

バイクはイグニッションをOFFにしていても
レギュレターなどで少しずつ電流を消費するために
全く乗らなくなった冬季での車両保管ではバッテリーケーブルを外し
キチンと電流を流さない対策をしなければいけなかったのだ


その後
近所のバイク屋さんに相談し
バッテリーを取り外さなくても直接充電できる
バッテリー充電器を購入


早速12時間程度充電して
見事にエンジンが一発でかかるようになった




なんか心のバッテリーも同じかなと感じた
基本走らないとバッテリーは充電されない


景気が悪いとか
他社が凄いからとか
競争が激しいからとか
時間が無いからとか


忙しさを理由に
周りの環境を理由に

自分自身の行動を制限したり
行動することそのものをしなかったりしていると
心のバッテリーは限りなくゼロに近くなる

行動するからこそ
消耗するので無く

行動するからこそ
その経験から
その失敗から
また成功から

次へと飛躍するための
心のバッテリーが充電されるのだろう



少し今からXL1200Rを引っ張り出し
西浦海岸を走ってこようと思う

posted by MORITA at 08:50| Harley‐Davidson | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。