2011年01月27日

The Long and Winding Road




1970年にリリースされたビートルズのラストアルバム
”レット・イット・ビー”の収録曲
The Long and Winding Road


ビルボード誌では
1970年6月13日に週間ランキング1位を獲得
1970年の年間ランキングでは45位
アメリカだけで年間100万枚以上のセールスを記録している


この曲を久しぶりに聴きながら
こんなことを思った

ここ数年、
不透明で、希望の無い不安な今の世の中
まさに目の前の道は、長く曲がりくねった道が続き
どこがゴールなのか全く予想がつかない

必死で迷子にならないように
先の見えない道を進んでいる毎日


先のわからないことは
心に不安を宿す

でも、長く曲がりくねった道の先に何があるのか?
まだ見ぬ、景色を想像するだけでわくわくする自分もいる
わからないことは楽しみでもある



不安だけを見つめ
慄いていては
人生を楽しむことも
目の前にあるチャンスも見逃してしまうのではないだろうか?


長く曲がりくねった道だからこそ
走るスピードが絶えず変わり
見る景色が変わり
自らが変わることができるのではないだろうか?
多分それが成長に繋がるのだろう






最後にThe Long and Winding Roadを聞きながら
ビートルズの22枚目のオリジナル・シングル曲であり
アメリカで200万枚以上をセールスしたビートルズを代表する曲
”レット・イット・ビー”が
脳の裏で鳴り響いてきた

長く曲がりくねった道を前に呆然とした時
”なすがままに”という心境になることも
大切なのではないだろうか









posted by MORITA at 00:00| 元気が出る音楽 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。