2010年10月18日

学習塾経営セミナー 2010A


昨日名進研ホールで開催された
学習塾経営セミナー2010に参加して来ました

正直、参加してよかった
理由は2つ


1つは
常日頃、感じている世の中の変化や
業界事態の方向性

あらゆる情報ツールを活用し
自分なりにアンテナを拡げているつもりなのだが
どうしても地方の小さな個人塾である
限界がある


自分の塾に閉じこもっていると
客観的な大きなスケールと照らし合わせることができない


そういった意味では
今回、セミナーの冒頭で
「学習塾白書」を監修された小林弘典氏の講演は
具体的な数値が提示され
まさに、大きなものさしとなった

非常に参考になりました


特に
業界が今、成長期から成熟期にへの転換している今
それに伴っていままでのマーケティング戦略や戦術が通用しなくなることを
直ぐにではないにしろ
痛切に感じた



正に転換期は
「淘汰の時期」であり
「急成長の時期」でもある


だからこそ、その時に自らが、
何を変えず
何を変えていくのか
決断を求められている気がした




もう1つは
非常に緊張感というか
熱意のあるセミナーだったということでしょうか

日曜日の午前中から何かを学ぼうと
経営者達が集まるわけです
おのずと会場自体
独特の雰囲気が支配する

僕みたいに
上司も部下もいない
1人で仕事しているものにとっては
日頃決して感じることのできない雰囲気を
まさに、感じ取ることができる環境
その環境に身を投じることができることは
物凄い刺激を受けるわけです

ビジネススーツに身を包み
電車に乗って名古屋まで
まぁ、それだけでも僕にとっては
意味があるんですけれどね


成熟期を迎える業界の市場は
基本は先細りしていくだけ
競争は激化していく中で
今までと同じことをしていってもダメなのだろう


だからこそ
理想の塾を目指して

もっともっと
動こうと思う

もっともっと
学ぼうと思う



posted by MORITA at 09:45| 教育について | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。