2010年08月03日

異邦人





800px-Greyhound_Bus_6080.jpg




1986年の夏

大学4年生だった僕は

単身40日間のアメリカ放浪の旅に出た




大学の友人達は

次々と就職活動をして内定をもらう中

僕だけ一切の就職活動をせず

まるで就職することが他人ごとのように

日本を飛び出してしまった


頭の中は

グレンハウンドバスに乗り

アメリカ1周することしか考えていなかった







IMG.jpgIMG_0005.jpg




サンフランシスコ・ポートランド・ダラス

インディアナポリス・ケンタッキー・アトランタ・エルパソ・ロサンゼルス・ハワイ・・・

着いた町で、その次に行く町を決めるという

あてのない旅



持っているものといえば

大きな登山用のフレームザックと寝袋だけだった



IMG_0007.jpg



最初のサンフランシスコで、「マクドナルド」がつうじず

1時間以上かけて「マック」を探すことになり

自分の英語力の無さを痛感したアメリカ





夜行バスの中

「男性が好きな男性の方」がお座りになり

耳元でささやかれ

恐怖におののいたアメリカ




IMG_0014.jpg





ロサンゼルスの金色に輝く夜景に

夢を抱かしてくれたアメリカ






IMG_0011.jpg






僕にとって始めての異国の地だった





文化・習慣・宗教・全てが異なる環境の中に留まることで

初めて自分は日本人だと感じることができたし

それが

自分の常識や

狭い価値観を蹴り飛ばしてくれた




IMG.jpg




40を過ぎた今も

当時のことを振り返りながら

やはり「出会い」が本当に大切なんだと実感している




異なった価値観をもった人や

異なった経験をされた人




つまり

自分とは違う

異邦人と出会うことで

大きな刺激を受け

今までのちっぽけな価値観や古ぼけた常識が

根底からひっくり返る




まさに

新しい自分に出会えるのだ




だからこそ

これからも

新しい場所

新しい環境に自分から出向いていこう

異邦人との出会いを求めて

僕は動こうと思う









posted by MORITA at 00:00| 自己紹介 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。