2010年05月08日

まほろば







さださんの20代後半の傑作

1979年にリリースされた「夢供養」に収録されている

まほろば



アイフォン 070.jpg


この曲を聴くと

胸がねキュ〜ンとしめつけられて

涙が自然と出てくる



悲しいとかじゃなくて

切なくなる

メロディと万葉集をモチーフとした歌詞が

心の奥底の感情に共鳴する

さださんの歌が心に沁みる





アイフォン 022.jpg




”まほろば”とは

万葉集や古事記に出てくる言葉で

「素晴しい場所」とか「住みやすい場所」という意味の古語



年齢を重ねてくると

日本人として産まれたDNAが

聖地というか

霊地というのか

そこに戻れと命令しているようで

万葉の都

奈良に無性に行きたくなった



アイフォン 067.jpg



そこで、GW中に幾度の渋滞に巻き込まれながら

平城遷都1300年祭

奈良公園・東大寺周辺へ行ってきた



アイフォン 099.jpg



興福寺

東大寺

春日大社



奈良公園周辺では、渋滞が予想されたので

少し離れていたが

JR近くの駐車場に車を止めて歩くことにした



アイフォン 105.jpg



修学旅行以来の東大寺

正門にあたる南大門をくぐり大仏殿へ向かう

門内に安置されている金剛力士像

細部まで見事に表現されている彫刻に

しばし時間を忘れ眺める



東大寺の伽藍の中央に位置する大仏殿に近づくにつれ

その大きさに思わず唸った




アイフォン 060.jpg



大仏様を拝観したあと

春日大社まで娘と手をつなぎながら

ゆっくり歩いた



小さなお土産さん

しかせんべいを売っているおばちゃん

参道の木々からこぼれる光

砂利を歩く音




修学旅行の時のかすかな記憶が

溢れ出してきた




もう一度

この日本人の故郷をゆっくり歩こうと思う









posted by MORITA at 08:15| Travel | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。