2010年03月03日

ストーン・マウンテン・パーク

IMG_0003.jpg


1990年の冬、僕はアメリカジョージア州アトランタにいた。それまで、続けていた表面処理関係のエンジニアとして勤めていた会社を辞め、学生時代にアメリカ旅行中に知り合った、大工の棟梁のところで仕事を手伝いながら居候していた。

平日は、毎日大工仕事。休みになると、棟梁の自転車を借りて、1人で走っていた。学生時代に、大阪、東京と単独で自転車走破していたのが、こんなところでも役にたった。ある日、アトランタのダウンタウンから16マイル離れた、ストーン・マウンテン・パークに行くことにした。





IMG.jpg


世界最大の花崗岩(251m)でできており、中腹に南北戦争時代に活躍した英雄達が彫られていた。後で、棟梁に聞くと、50年以上の歳月をかけて彫られたそうで、写真では解りにくいのだが、彫られている将軍達の耳の大きさが大人1人分の身長と同じぐらいだと聞いた。


年間400万人が訪れる公園だけあって、敷地内にはテニス場・オートキャンプ場などがあり、列車まで走っている。ふもとで、自転車を駐輪し、30分程度で山頂まで登った。すんなり登ることができたので、山頂からの景色にはあまり期待していなかった。しかし、到着してその景色に圧倒された。



IMG_0002.jpg



山頂から見渡す限り、どこまでも続く森の海。360度全てが、豊かな緑のジュータンに敷き詰められたような森が続く。そして、その森の中に、かすかに見えるアトランタのダウンタウン。この圧倒的な自然の中に身を置くと、人間が創造した人工的なものがなんてなんてちっぽけなものだと感じたし、ましてや、自分の悩みなんて塵に等しいと思った。


当時、自分自身が何を本当にしたいのか?分からず、日本を飛び出してしまった。当時、流行っていた「自分探しの旅」みたいな、少し現実から逃避していた自分がいたような気がする。不思議なものだが、圧倒的な存在に触れたことで、悩みなど吹っ飛んでしまった。


やっぱり、たまには大自然に触れ、錆びた脳に活をいれたいものだ。人生の後半は、日本の世界遺産巡りなんていいんじゃないかなと思っている。・・・・・屋久島行きたいね!


posted by MORITA at 10:40| 自己紹介 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。