2012年07月31日

お墓参り


おはようございます、守田智司です。



短い夏休みに、家族で出掛けるほかに
もう1つやっておきたいことがありました。


お墓参りです。



蒲郡市三谷町にある光昌寺
私の実家のお墓がここにあります



IMG_2409[1].PNG



墓前の前で家族全員で手を合わせ
ご先祖様に感謝します




このとき、私は、
娘やかみさんに聞こえるように
声を出して短く祈りを捧げます



「感謝です」
「今年も1年、家族3人健康で過ごせました」
「はるかは、小学3年生になりました」
「大きくなりました」

「ご先祖様が見守ってくれているおかげです」

「有難う御座います」





感謝の祈りは
家族で共有すべきだと思っています
だから、声にします


そして、この想いは
私から娘に受け継がれていくのだと思っています

これは、教えることではなく
伝えることだから









posted by MORITA at 10:44| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

伊賀の里 モクモクファーム

こんにちは、守田智司です


昨日の蒲郡まつりの花火はきれいでしたね!



連日の厳しい暑さに見舞われ、皆さんいかがお過ごしですか?
とにかく、暑いですよね。

あまり無理をせず、
熱中症など気をつけて下さい。



さて、我が家は、短い夏休みを楽しむために
群馬県館林市で全国最高の38.4度を記録した28日
伊賀の里 モクモクファームに行ってきました


この日もめちゃくちゃ暑かったですよ!




IMG_2387[1].PNG

http://www.moku-moku.com/



4月に、カンブリア宮殿で、
『奇跡の農業テーマパーク』として

「山々に囲まれた人口わずか8千人の過疎の町に
大阪や名古屋から車で2時間もかけて、
年間50万人もの客が訪れる場所がある。」
と紹介されていました。


う〜ん、気になる!



IMG_2389[1].PNG


手作りのソーセージやフランクフルト
バイキング形式で地元の200軒の農家さんご自慢の農産物が食べ放題

そして、農業体験ができる
特に、手作りウインナー教室
食べることが大好きな我が家


う〜ん、気になる!



IMG_2393[1].PNG



食べることが目的となると
我が家の行動は、
目を見張るものがありまして

朝、5時起床
5時30分に出発

途中、休憩や渋滞に巻き込まれましたが
朝、開園30分前の9時30分頃には到着

ファームエリア入園料 500円を支払い
すぐに、午後からの手作りウインナー教室の申し込み申し込むを済ませ
開園と同時に、PaPaビアレストランに向かいました



IMG_2390[1].PNG



契約農家から届いたという新鮮な夏野菜
人参まるごと1本そのまま頂きましたが、甘くておいしかった
あと、きゅうりがみずみずしいというんですか、果物みたいでしたねぇ




IMG_2391[1].PNG




それから各工房で作られた
ハム・ウインナー・パンなどなど
個人的にはお豆腐がおいしかった♪
塩で頂きました





IMG_2395[1].PNG




そして、午後からはもう一つの目的だった
モクモクのウィンナー教室!

材料にモクモクで使われているのと同じ豚肉を使っているそうで

普段食べているウィンナーがどうやってできるのか
娘は、興味津々で参加していました



IMG_2383.PNG




教室では、あらかじめミンチや調味料は用意されていたので
まずは、2種類のミンチを練るところから始め
腸詰めの作業やクルクルねじってウィンナーの形にしていきます




私も腸詰の作業をしましたが
実際に羊の腸を使って腸詰の作業をしていくのですが
皆さん知っていましたか?

羊の腸を使用したものをウィンナーと呼び、
豚の腸を使用したものをフランクフルトと呼び
牛の腸を使用したものをボロニアと呼ぶそうです

作りながら
先生がいろんなことを教えて下さり
凄く面白かったですね

気が付けば
あっという間に2時間が過ぎてしまいました



IMG_2397.PNG



完成したウィンナーは、ボイルして試食しましたが
中から肉汁が飛び出してきてびっくり
こんなににくにくしい、歯ごたえのある
美味しいウィンナーは、はじめてでした!

終わった後は、
持ち帰り用の保冷剤と保冷袋がついていたので
安心して持ち帰ることができました


日帰りということもあり
慌ただしく帰ることになりまいたが
温泉もあるということなので
次回は、ゆっくり温泉でもつかりたいと思いましたね!!




(PS)

ハンモックの森という、素敵な場所があるのですが。
子供のように調子こいて、飛び乗るとえらい目に合いますので
ゆっくり乗って下さい!

私は、エライめにあいました!

IMG_2400[1].PNG


それから、コクのあるジャージー牛乳でできたジェラードが
メチャクチャ美味しかったですよ







posted by MORITA at 10:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

高校進学説明会   −感想-


おはようございます、守田智司です。


先日の7月20日に
48歳の誕生日を迎え
昔の教え子達やまわりの先生方から暖かい言葉やプレゼントを頂き
とても幸せに感じています

本当に、ありがとうございました

みなさん、本格的な暑い日が続きますが
お身体には十分気を付けてお過ごしください。





IMG_2204.PNG



さて今日は、


高校進学説明会 −ハイブリットな説明会ー

高校進学説明会 −練習ー


に続き

高校進学説明会に参加してくれた
生徒達の「声」を紹介したいと思います




@説明会後、家に帰ってからさっそく親と話をしました。説明会で親とプリントの交換などをした時、やっぱり親も真剣に自分のことを考えてくえているんだなぁと思いました。なので、しっかり自分のことを考えてくれている親のためにも、期待を裏切らないように、日々の中学生活を過ごし、自分の行きたい高校に行けるように努力していきたいです。これからも今まで以上に自分の進路のことを真剣に親と相談したいです。


A僕は、いつも進路のことを話をするというよりも聞くだけの方でした。けど、この説明会で、初めて自分が受験をどう思っているか伝えました。そして、親も今までどんな思いで僕を支えてくれたいたかというこもわかりました。はずかしかったけど、とてもいい機会になりました。


B説明会で一番印象に残った言葉は、「自分の将来とちゃんと向き合う」ということです。まだ、自分の将来とちゃんと向き合ったことがないと思います。この言葉を聞いて、もうその時期なのだから考えなければいけないと凄く思いました。


IMG_2208[1].PNG



C説明会が終わってからは、親と高校受験の話題が前よりも多くなりました。親としっかり向き合う時間も増えたと思います。説明会で、お互いの意見を紙に書いて、親と交換した時には、正直”えっ、こんなにも思ってくれていたんだ”とか”こんなことを考えてくれていたんだ”と、今まで互いに、言い合えなかったり、言ってなかったことが書いてありました。私も親も、お互いに理解し合っていると思っても、口では言いにくいところがあったりしているんだなぁということに気付かされました。受験を通して、親としっかり向き合う大切さを知ることができた、凄くためになった高校進学説明会でした。


D説明会の最後に、先輩達のメッセージの中で、「努力は裏切らない」という言葉がありました。今、めんどくさい、やりたくないと思っていることは、一生懸命やれば、それは無駄ではなく、自分の未来に繋がるんだと思わせてくれた言葉でした。




kako-PWxAnEfO8BLMNsFt.jpg


古来7月を「ふみづき」と言い
8月を「はづき」と言います

7月は稲の穂がふくらむ月、
つまり「穂ふむ月」が転じて「ふむ月」になったと言われていますし

8月には稲が穂をはるので穂波利月といい
上下を省いて「波月」という説があります


この暑い夏は、私たちの大切な主食である米を育成する大切な月であり
暑い、暑いとこぼす夏が来なければ育つものも育たないのです


子供達のやる気という稲の穂が
こうしてやっと膨らもうとしているこの時
厳しい強い日光にあてる熱い指導を塾で行うことが
じつは彼らの実りにとってもっとも必要なものだと思っています


ご父母の期待と生徒のやる気を裏切らないよう
この夏、熱く、熱く指導していきたいと思っております



posted by MORITA at 09:40| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。