2012年06月21日

喜び


朝目を覚ました瞬間から
やらなければならないことに追われる毎日


ここ2週間、それこそテスト週間に入り
その加速度は日に日に増していく気がする


でも、忙しいからこそバランスを取る意味でも
意識していることが3つある




1つは、本を読むこと
2つ目は、掃除をすること
3つ目は、与える心を失わないこと





特に3つ目は、絶えず、何度も何度も想い返して
心に練り込むというか、
心に留めておく必要があると思っている


別に毎日、生活していて、
朝起きてすぐに「今日も、与えなきゃ!」なんて
ボランティア精神丸出しで身構えて生きているわけでもないし
宗教人のような人になりたいと思っているわけでもない




でもねぁ、喜びというのは、人に与えながら得られるものだと思っている







888.jpg


家族とか、
うちの生徒達に対して


「何をしてあげたら喜んでもらえるのか?」
「自分が今できることで、彼らの未来にプラスになることは、何なのか?」
「何を言葉として語るべきか?」


そうゆうことを考える時間を忙しい中でもきちんと持つことが
与える心を失わないことだと思うし、
しいては、自分の喜びに繋がるのだと思うんだよね



忙しいと自分のことで手一杯になるじゃん
自分のことしか考えれなくなるじゃん
でもね、それは自分で自分の喜びを枯らしていることに
人はなかなか気付けないだよね

偉そうに自分でそう書いているけど、自分がそうだからね
いつも余裕がなくなると、自分のことばかりしか考えてないから



相手のことを想うことが≒与えることになるかはわかんないけど


想うことで、
何かをしてやりたいという気持ちに繋がりやすくなるし
与えるという行動に移りやすくなることは間違いないよね


仕事をして忙しくなると
目の前の業務だけに目が行き、その先にいる生徒が見えなくなる

進学塾時代がそうだった
会議でも報告書でも研修でも
何のためにやっているかが分からなくなり
会議や報告書や研修が目的になり
仕事の中心となってしまった



本を読んで、自分を磨き
掃除して、床を磨き

自学ノートのコメントを書きながら
生徒1人1人のことを考え、想うことが
良いものを与えることに繋がると想っている



そして、それが自分の喜びになれば幸せだな








また、暑い夏が近づいてきますね!








posted by MORITA at 10:38| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。