2012年05月19日

第3回 教育ITソリューションEXPO




5月17日
東京出張のため
朝6:00起床

蒲郡駅でAM8:45東京行き 
ひかり508の乗車券を当日購入したが
ひかりの指定券はもうすでに満席で自由席へ


IMG_2054.JPG



自由席には
東京へ向かうビジネスマンで溢れる中
何とか席を確保し品川に向かう

朝からひかりに乗り
東京に向かう自分が
何だが不思議に思えた



IMG_2055.JPG


品川駅に降り立って時
都会の人の多さに圧倒され
人々の歩く速さに慣れない自分がいた

「東京だ」


とりあえずこの空気に慣れるために
ベンチに座り目的地までの道順をケータイで確認した


品川駅でJR山手線に乗り換え約2分で大崎駅へ
大崎駅からりんかい線に乗り換え向かったのが







IMG_2060.JPG






東京ビッグサイト

国際展示場駅から
徒歩で10分以上歩いただろうか
ようやく東京ビッグサイトに到着し
第3回教育ITソリューションEXPO会場に向かう




IMG_2064.JPG




会場に到着してまた驚かされた

550社にも及ぶ企業が出展するアジア最大の学校向けIT専門展で
全国から18,000人の大学、教育委員会、小・中・高校、塾・予備校・専門学校の
教育関係者が集まるということは
事前に分かっていたが
ここまで人が多いとは・・・・・





IMG_2066.JPG



会場内は
学校業務支援ゾーン
学校向け災害対策ゾーン
学校ECO化ゾーン
eラーニングソリューションゾーン
教材・教育コンテンツゾーン
教育用ハードウェアゾーン

などの特設ゾーンに分かれているのだが
なにせ550社の企業が出展している会場である
あまりに多く、あまりに広い
そして、まっすぐに歩くことができないほど混雑していた




IMG_2067.JPG



だから最初は、2時間程度会場内を歩き
自分が話を聞きたい企業や製品など
目ぼしいものの場所を抑えたうえで一度会場内から出て

1時間休憩した後に
再度、的を絞って会場内各ブースに向かった

多分、これだけの規模の教育システムの展示会は国内にはないと思うし
各企業の体験・デモ展示コーナーやステージセミナーなどで提示される
「新しい学びのカタチ」は興味深いものが多くあった







アイディアを形にすることは難しいことだ
絶えずアンテナを立てて情報収集していなければならない
今すぐに必要でないけれどもそのうち何かの役に立つことは多くある

今は、ネット社会である
だからある程度の情報は簡単に手に入れることはできる
でも、実際、自分の足を使い、手に触れた、自分の五感で感じた情報は
なんとなく頭の片隅の引き出しに舞い込んできた情報とは違い
アイディアを実現する時の血となり肉となる



そういう意味で
今回の東京出張は大きな価値があった













posted by MORITA at 00:03| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。