2012年04月13日

采配A


采配の最後のページ読みながらそこで書かれていた言葉が
まさに今の自分の心境だと感じた
「人や組織を動かすこと以上に、実は自分自身を動かすことが難しい」


そして、その頑固な自分を動かすために
絶えず思考しなければならないのが落合氏の言う
「今の自分には何が必要なのか」ということなのだろう


今の私に何が必要なのか?
それを知る者は、自分以外にいないと思うし
それを見つけることができるのも自分以外にいないと思う


動かない自分であれば
嫌でも動く環境に自分の身を置けばいいのだし
そうすることで必要なものを見つけることができるのかもしれない
だから来月の東京出張を自ら決めた


読んで
重い背中を押された気がする







posted by MORITA at 09:23| 読書日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。