2012年03月22日

その先へ  公立高校一般入試合格発表日



つい5分前まで
今日合格切符を手に入れた受験生達が教室にいた

午前中の合格した興奮冷めやらぬ彼らと
直接握手を交わし1人1人に「おめでとう」の言葉を贈った

握手しながら涙があふれる生徒や
僕の話を頷きながら聞く生徒
その1人1人の顔を見つめ
彼らと過ごして来た1日1日を思い出していた



そして、その1日1日は
今日という日のためにあったのだと改めて思う








今年の受験生達は
例年以上に挑戦する受験生達だった

「行ける高校」のためではなく
「行きたい高校」のために果敢チャレンジする受験生達だった

それは、目指す志望校には
内申点が2〜3足らなかったり
合格基準の偏差値が低いということを意味していた


正直、何人かの生徒は途中で目標を下げ
安易に低きに流れるかなと思う生徒もいたが
結局誰1人目標を下げずに
第1志望合格のための一般入試に挑んだ




結果は




11111.jpg





受験した生徒全員が第1志望合格


豊田高専、豊橋東、国府、岡崎西、安城、成章、蒲郡東
蒲郡、岡崎工、刈谷工、豊橋工、三谷水・・・・・など

先日の公立高校推薦入試合格者を含め
全員が第1志望合格100%だった


この結果は
挑んだからこその結果だったと思う
無理をして背伸びをしたからこそ
自分の手にした結果だったのだろう


生徒諸君じっくり噛みしめるといい







合格した生徒達には伝えたいこと
分かち合いたいことが一杯あったが
涙が出てくるので2つのことだけを伝えた


1つは
感謝することを忘れるな

特に、今日は人からおめでとうを言われる日ではなく
自分が、父親に、そして母親に「ありがとう」を伝える日
だということを忘れるなと伝えた

一生の内一度しかない高校合格発表日だからこそ
感謝の気持ちを伝えることに意味がある
明日ではダメなのだ


2つめは
勉強は続くということ

これでゴールだと思ってしまうヤツがいる
合格という言葉に胡坐をかき
いつまでも居心地の良い言葉の上に居座ってしまう

アカンよね
合格したからこそ勉強しないといかん
合格はゴールではなくスタートなんだ


この1年間受験と向き合い
眠れない日を何度か過ごしてきたことだろう
行き場のない苦しい時を経験してきたことだろう
でもそれこそが君を成長させてくれ
合格へと導いてくれたものだと思う

立ち止まるな
跳べ、その先へ


MORITAより







posted by MORITA at 17:37| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。