2012年02月21日

高い壁に挑む


今年の受験生達
正直、今までで一番手を焼かされた学年だった

何度も叱り、叱り倒した
夜10時以降に親も交えて本気で話をした
本人の反省の涙も何回も見てきた

いや、僕としたら、叱る以上に何度も慰め、悟し
1人1人と対話してきた気がする


そんな学年だからか
この未来義塾を立ち上げて以来
高い目標を掲げ、その困難な壁を越えようと挑む挑戦者が多い

泣いた涙の数だけ
悟した分だけ
伝わったことが多くあるのだろう

実力はあるが、内申が2つ、3つ足りず
当日点をより多く取らなければならない生徒や
内申はあるが、全県模試結果で
合格基準の偏差値が低い生徒など

本当なら不安を抱く材料が多ければ
志望校を下げ、より確実に合格を追い求めるはずなのだろうが

彼らは、あえてより困難な壁に挑む

腹をくくるという言葉があるが
腹をくくると人は迷いがなくなり
一心不乱に一点を見つめ
精神が研ぎ澄まされていく
まさに今年の受験生達は
腹をくくって挑む生徒達ばかりだ



壁を超えるために戦いを忘れてしまったものは
そこで立ち止まってしまう

壁を超えることができたものは
もっと高い壁にぶっかってもそれを超えることができる

安易に下らず
あえて自らの高みを目指して頑張る彼らと
残り3週間我も歩む







panelimg.jpg

(PS)昨日は、公立高校推薦入試合格発表日でした。推薦で結果を得られた生徒、そして残念ながら結果が得られなかった生徒もいました。結果が得られなかった生徒は、なかなか気持ちを切り替えることができないかもしれないが、「でも、大丈夫」その分、君は残り3週間を誰よりも大切に過ごし、自分の未来を自らの手で拓くことができるから。そして、結果を得られた生徒諸君、合格おめでとう。素直に嬉しいし、誰よりも君達のことを誇りに思うよ。でも、これで終わりじゃなくて、新たな始まりなんだ。気を抜いてはならない。よくわかっていると思うが、特に豊橋東高校に合格した3名の生徒達は、本当の意味でのライバルは、まだここから必至で勉強するのだから、今まで通り、何も変えることなく、黙々と毎日の勉強を続けるように。



posted by MORITA at 11:28| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。