2012年02月29日

今年度最後の授業

受験生達の最後の通常授業は、雨の降る少し肌寒い2月22日(水)だった。


私立高校や公立高校推薦入試合格によって進路が決定している生徒達と残り2週間後に向けて公立高校一般入試に挑む生徒達が共にする最後の授業。多くのことは語らなかった。多くのことを語ると泣けてくるし、入試を控えている生徒達にとっては時間がもったいない。こうみえても私は涙もろく、ますますその傾向が強くなってきた。


最後の日でも、基本はいつもとなんら変わらない姿勢が大切。一般入試を受験する生徒とは、ここから入試まで、毎日のように塾で共に勉強するわけだし、本当の意味で最後というわけでもない。でも、合格し進路が決まった生徒とは、本当に最後の授業になったので、1人1人と少しの時間、言葉を選んで話をした。いい別れができたと思う。この日、進路の決まった生徒は、一般入試を控えている生徒達よりも30分間早く授業を終え帰宅することになっていた。推薦入試で合格した生徒1人1人と雨の降る中、私が傘をさし、生徒を車まで送る。


最後の日だから、そうしたかった。


暑い日も、寒い日も、叱りに叱り倒した日も、悟して涙した日も、共に腹をくくり挑んだ日も、今から車まで一緒に歩いて、親御さんまで送って、そこで終わりだと思った。車のドアをノックする。ドアが開くと、迎えに来て下さった父兄1人1人にこうお伝えした。




「送迎ご苦労様です。合格おめでとうございます。」
「そして、お子さんを今日まで未来義塾に通わせて頂き有難う御座います。」


僕は、離れていく生徒達には別れの言葉を伝えたかったが、
ご父母には、感謝の気持ちを伝えたかった。


電話でも、「合格おめでとうございます。」は伝えれるが、感謝の気持ちは伝えづらいような気がする。好きな女の子に、「好きだ」と告白するなら、メールでも電話でもなく、直接会って伝えたほうがいい。大切な想いは、直接言うことがなによりで、それに勝るものはないような気がする。


雨の中、傘を差しながら、こうべを垂れて感謝の気持ちを伝える姿を離れていく生徒に見せることが僕の最後の授業になりました。君たちのこれからの活躍を祈る。







posted by MORITA at 17:02| 塾日誌 | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

2月24日


先週の月曜日から1日も休みがなく、ここ連日授業後は、複数の進学塾の代表の方と電話で入試情報を教えて頂いたり、アドバイスを頂いたりしていたので、午前様になることが多かった。今は、とにかく忙しい毎日だ。

昨晩は、午前1時に就寝。それでも、今日は、午前6時20分には起床した。どんなに寝るのが遅くても、朝の7時までには起きるようにしている。午前7時40分には、塾に出社し、まず最初に灯油をファンヒーターに給油するのが日課だ。その後、メールチェック。朝に計測し体重をパソコンにインプットした後、昨日に書き込んだ今日の業務リストに基づいて仕事を始めた。25日から始まる入試対策講習会の準備や体験授業を受ける生徒のグッズ作成など、1つ1つ丁寧にこなしながら、アイフォンのアラームを午前10時にセットした。

1時間30分ほど、順調にデスクワークをこなし、午前9時30分に塾を出て、歩いて近くの蒲郡農協中部支店に出かけた。昨日の強風が嘘のように、晴れて穏やかな朝。ここ数年、できる限り歩いて移動することを意識している。20分程で農協での用事を済ませ、次は岡本内科にコレステロール値を下げるクレストール錠を受け取りにいった。その途中だった、出かける前にセットしていたアラームがジーンズのポケットの中で鳴った。ふと我に返り、急いでアイフォンを取り出し、グーグルで豊田工業高等専門学校のホームページを検索した。



今日は、豊田高専の合格発表日だった。




発表方法は、公立高校とは異なり、ホームページから平成24年度入学者学力選抜試験合格者の発表がされる。午前10時まさに、その時を迎えたわけだ。私は、その場で立ち止まり、豊田高専のホームページが画面に映し出されるのをじっと待っていた。スマートフォンの小さな画面に食い入るように見る私。早くみたいと焦る気持ちと、老眼でメガネをはずさないと見えない苛立ちが交差して操作を何度も誤ってしまう。



やっと映し出された合格者の受験番号。




最初に、機械工学科に合格した受験番号が29個。そして、その下に電気・電子システム工学科の番号が並ぶ。2005年6月に塾を立ち上げて初めて、豊田高専を受験する生徒が今年はいたのです。彼が受験したのが、難関であり人気の電気・電子システム工学科。左から、1つ1つゆっくり彼の受験番号を探す。探しながら、自分の鼓動が高鳴るのがわかった。アイフォンを見ながらこんなに緊張したのは初めてだ。

そして、ついに彼の受験番号が私の目の前に飛び出してきた。「あった!あった!あった!」何回もこの言葉を口の中でつぶやく。何回もつぶやかないと、嘘になってしまうのではないかと思ったほどだ。それから、深く鼻から息を吸い、口から息を吐き、空を見上げた。そして、それからもう一度その番号を見直した。

岡本内科の前で訳もなく興奮した。通りすがりの誰でもよかった。このことを伝えたかった。うちの生徒、豊田高専に合格したんですよと・・・・・塾の先生をやっていてよかったと思う日が、1年のうち数日だけある。間違いなく今日はその日のうちの1日であった。




posted by MORITA at 23:48| 塾日誌 | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

2年間の反省(Aさんの自学ノートより)


先日、公立高校推薦入試にて
豊橋東高校に合格したAさんの自学ノート

合格が分かったその日にも
また、その次の日にも
合格する前と何も変わらず
受験勉強がノートびっしりとされていた

塾生の後輩にあたる中1・2生にも彼女の自学ノートを見せたいし
また、勉強に対する姿勢をしっかりと伝えたい


そんな彼女の自学ノートの最後に
こんなことが書いてあった



2年間の反省

2年生の時、未来義塾に入ってから2年間お世話になりました。
1年生の頃は、宿題すらやらなかった私ですが
ここまで成長できたのは守田先生のおかげです。

部活との両立は大変でしたが
先生も私たちにアドバイスしてくれたりしてうれしかったです。

本当に有難うございました。
これからも予習・復習のため自学ノートは続けていきたいです。




彼女は、飛びぬけて才能があった訳ではない
特別な環境下にあった訳でもない
強いて言うならば

毎日、勉強することを忘れなかっただけだ
自学ノートを使って

Aさん本当に合格おめでとう





posted by MORITA at 00:00| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。