2012年01月13日

レオ・ドローチャー


ピッチャーを、明日のためにとっておこうなんて考えるな。
明日は、雨かもしれない。


レオ・ドローチャー
(アメリカの野球監督)




以前も書いたが
今日という日が昨日から持ち越されたものと考えるのか
明日から借りてきたものと考えるのか

今日という日は人生で一度しかない
しかし、今日という日をまるで同じ日の繰り返しのように過ごしてしまう

今日という日に集中したい
レオ・ドローチャーの言葉に触れると
全力で今日を生きたいと思わせてくれる


今日も全力で投げ切るとしよう


kuk.jpg


You don't save a pitcher for tomorrow.
Tomorrow it may rain.



(PS)センター試験を受ける卒塾生達よ、いよいよ本番だな。頑張れよ。そして、現受験生達よ、今日も自習室空いているからなぁ。ガッツだぜ。





posted by MORITA at 09:28| 元気が出る言葉 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。