2011年12月15日

今日1日を


「モリー先生との火曜日」を読んで
死を少しの時間だが見つめることができた

逆に、死を見つめるから
今を感謝して生きることができるようにもなった

私は、寝る前に娘の寝顔をのぞき込みながら
感謝の祈りを一言静かに布団にくるまいながら捧げる
「今日も、健やかに家族が生きることができました」
「感謝です」と

後ろのものを忘れ
あすはあす自身にゆだね
今日1日精一杯いきることを忘れないようにしたい


きょうという日は
昨日から持ち越されてきたものと考えるのか
明日から借りてきたものと思うのか

きょうは今日のものと信じるのか
それだけで生き方が変わるような気がする

精一杯生きないと
今日がもったいないと
思うのは私だけだろうか







posted by MORITA at 11:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。