2011年12月08日

入試まで残り96日間



昨日、ある進学塾の代表の先生と話をする機会を得た
短い時間だったが、話は多岐にわたり
内容の濃い時間を過ごすことができた

やはり、本気で生徒指導をしている塾の先生というのは
どこか熱を帯びていて話をしていても刺激を受ける
今の私にとっては貴重な時間だった


話をする中、受験生に関する話になった
「守田先生、入試まで残り96日になりましたね」
「私は、残りの96日間をワクワクしています」

その言葉を聞いた瞬間
少し私は驚いた

この時期からそのプレッシャーで
胃が痛くなるようなことあっても
ワクワクするような興奮を感じたことは
私自身無かったからだ

そして、本当にうれしそうに
「この96日間で、生徒がどう変化していくか?楽しみでしょうがありませんね」
と語っている先生の表情を見ていて
内から熱いものが込み上げてきた

私は、自分だけを見つめているから胃が痛くなる
でも、この先生は生徒だけを見つめているからワクワクするのだろう


子は親の背中を見ると言うが
塾生は、塾の先生の背中を見るのだろう
わくわくしている先生の姿を見て
生徒たちは、受験に対するイメージが変わり、受け止め方そのものが変化するのだろう

こうゆう先生に教えてもらっている生徒達は必ず成績が伸びると思ったし
私自身も自らが興奮できる指導を生徒達にこれからしていきたいと思った






posted by MORITA at 00:00| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。