2011年12月26日

考えたことを形にする


来年度に向けていくつかアイディアはある
しかし、そのアイディアを形にすることが難しい

形にするには
考えて考えて考えて
思考の深堀りが必要なのだろう


進学塾時代の営業会議の時
当時、営業課長だった私は
1つのテーマが与えられ
考え抜くことが要求された

そこでは
借り物の思考術ではなく
身体で考え抜いた行動術が絶えず求められた


そのために
本部から教室までの移動の車の中で
食事中も
散歩の時も
夢の中でも
24時間考え続ける習慣を
そこで身に付けた


考え抜くことは
しつこく考えることであり
それは思いを強くします
強い思いは
行動のばねとなり
思考を実行へと導びきます



まだまだ、来年度に向けて
アイディアの輪郭が見えてきていませんが

あの頃の営業会議の時のように
それこそ前日から本部で徹夜して
考え抜く姿勢が今の自分には必要なのでしょう

年末まで、時間を確保しつつ
少し塾から出て、違う環境に身を置きます

新しい年に向かい
最高のスタートを切るための準備
頑張りたいですね










posted by MORITA at 09:04| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

2005 3・19

「初心忘れからず」という言葉があるが
もう一度原点に返る必要があると思っている

2012年度に向けて
新しいことを始めようと準備している今だからこそ
この塾を立ち上げた本来の目的や
自分が目指していたもの
当時の熱意など

初心を思い返すことで
心を入れ替え
新たな一歩を踏み出すことができような気がする



DSC01230.JPG


2005年 3月19日
まだ、看板もなにもない当時の写真

当時を振り返ると
塾を立ち上げる期待よりも
得体のしれない恐怖が支配していたのを覚えている

出社時間や退社時間があるわけでもない
言い換えるとそれが自由の象徴だったように思えるが
自分を強制する存在がなくなり
全てを自分が管理しコントロールしなくてはならなくなった


全てが自分次第
この不安が大きかった気がする




DSC01243.JPG


無数の大きな穴が空いていた天井



独立という言葉かっこいい響きがあるが
会社を離れた自由に、本当に耐えれるのか?
離れてみて初めて感じた不安と恐怖

でも、その不安や恐怖があったから
理想に向かってがむしゃらに働くことができたし、
そのおかげで成長することでもできた
そして、多くの子供たちに出会うことができた

忘れたくない初心を胸に
日々新鮮な気持ちを抱きながら
新年度に向けて新しい挑戦をしていこうと思う



DSC01232.JPG


昭和40年代の古びたエアコン
当時は、黒板も机も椅子もないもなかった
まさに、1人で始めたゼロからのスタート



posted by MORITA at 15:47| 塾日誌 | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

Kids Return

41Ow6cyW2lL.jpg



北野武監督作品6作目となるキッズ・リターンを見た

印象的だったのが
この作品のエンディングだった

主人公の二人が
かって一緒に過ごした高校の校庭で
二人で自転車に乗りながら
「もう、俺たち終わったのかな」
「まだ始まってもいねぇよ」
と言った瞬間に音楽が激しく飛び込んで来た



人生は理不尽なことがよくある
大切なものを見つけて
一生懸命両手ですくい上げようとしても
手のひらから落ちていってしまう
なんのまいぶれもなく突然に


でも、全てが終わったと思う瞬間でも
北野監督は、この映画の最後で
「なにいってんだ、まだ始まってもないぞ」
「人生、これからじゃないか」
とエールを送っているように感じた




今年最後に
北野武監督の映画をまとめて見てみたいと思う
キタノ・ブルーを堪能します




posted by MORITA at 13:48| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。