2011年11月14日

Tuesdays with Morrie


今読み終えようとしている本が
ノンフィクション不朽の名作と呼ばれている
ミッチ・アルボム氏のTuesdays with Morrie

「モリー先生との火曜日」


最近仕事に関して言えば
通常の数倍のスピードと量をこなしていた
不安や焦りのせいもあったかもしれない

まさにフルスロットルで
バルブを全開にして猛スピードで走る
レーシングカーのようだった

自分でも感じていたのだが
友人からそんな私の姿を見て
少し、アクセルを緩め
ブレーキをかけることを忠告されていた


51RN44M6QFL__SS500_.jpg


そんな時に
不思議なものだがこの本と出会った
今、ゆっくりと1ページずつ噛み砕きながら読んでいる
死、恐れ、老い、欲望、結婚、家族、社会、許し、人生の意味

これらの1つ1つを考えながら
自分の生き方を
自分自身を見つめている


生きることは
アクセルとブレーキの絶妙なバランスがあって
人生の道を見事に完走できるのだろう






posted by MORITA at 09:09| 読書日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。