2011年10月12日

仕事の質にこだわりたい


今日は、午前5時30分に起床。午後からの中3講習の準備をすぐに取り掛かり、午前8時には、岡崎の竜美ヶ丘会館で行われる愛知県私立高校合同説明会に参加するために車を走らせた。そして、光ヶ丘高校と安城学園高校の2校だけ説明を聞き、わずか50分間の滞在で蒲郡に戻った。



午後から始まった、中3の講習会が終了したのが午後4時。そして、4時30分ぐらいから小学生達が塾に来始めた。その間30分間でクリームパンを1つ食べた。



元気のよい小学生達の授業が午後7時に終了し、すぐ30分後には、また受験生たちが通常授業を受けに来た。2時間30分後の午後10時、準2級そして3級の英検対策補習を行い、今11時に全てを終えてブログを更新している。



今日1日をこうして振り返ってみると、15時間仕事をしたわけだが、今までの自分だと、15時間仕事をしたことに満足してしまい、質というか結果にこだわっていない部分があった。いわゆる、長い間働いたことがイコールよい仕事をしたと勘違いしていた自分がいた。塾を大きく変えていこう、出来なかったことをできるように挑戦している今は、費やした時間が大切なのではなく、実を結ぶ仕事をしているのか?していないかという質にこだわりを持たなければならないと感じている。



不思議だが、そう考えると体力的には疲れているのだが、その疲れが気にならなくなる。気になるのは、自分の行動であり、明日も何をすべきかが明確になる。




panelimg.jpg


(PS)今、藤巻健史氏の「マネー避難」を読んでいる。以前、NHKの「英語でしゃべらナイト」に藤巻氏が出演されていて、その話されている姿を見て、凄く興味を抱かされました。





posted by MORITA at 23:14| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。