2011年09月29日

その生徒のノートにはこう書いてあったA


全県模試の結果が出た直後

模試のやり直しをした中3Iさんの自学ノートにはこう書かれていた



「今まで、わからないところをどれだけあいまいにしてきたかを感じることができた。

間違えた問題の解説を書くことで、1つ1つきちんと頭に入れることができ、

やり方(問題の解き方)がわかるようになりました。

1週間ぐらいしたら、もう一度模試を解いて

その時には、満点をとれるようにしたいです。」




模試が返却されると

結果だけに目が行ってしまう

良かった、悪かった

それだけに一喜一憂し

なかなか次に結びつけることができない生徒が多い



できた、できなかっただけに留まってしまうと

一番大切な、できるようになるための努力が欠落してしまう




常日頃から生徒達には言い続けている

「解らない問題を明確にしろ!」

「できないことをできないままで終わらせるな」

しかし、生徒には、聞いているが

これを本当に理解し、ましてや行動に移せる生徒は少ない



教師の仕事とは

本当は、そのことをどれだけ多くの生徒に

気付かさせれるかだけなのかもしれない

Iさんのように







panelimg.jpg

(PS)昨夜、友人たちとたらふく酒を飲み、4時間以上話し込んでいた。よく知る友人でも、話の中で「おや?」と自分の知らない新しい事を聞かせてくれる友人は、凄く刺激的で、魅力的である。それは、逆に言えば、友人から見た自分もそうであるかが大切なのだ。どれだけ、「こいつの話面白いぞ!」と思ってもらえるかがミソなのだ。だから、私は、人に会うにしても、十分な準備をすることにしている。「また、会いたいと」思ってもらえるように、日々自分を磨いていきたい・・・・・











posted by MORITA at 09:39| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。