2011年09月05日

自転車小僧B


最初の大阪までの走破で多くの事を学んだ!


それまで、自転車に乗って隣町まで行ったことがなかった私は、旅立つ前大きな不安を抱いていた。「途中で事故にあったらどうしよう!」「本当に、鈴鹿峠を自転車で越えることができるんだろうか?」「1日に50km以上という距離を走ることができるのだろうか?」未経験によって生じる無知は、大きな不安を掻き立てるものだ。



IMG_0008.jpg



 初日は、40kmぐらいしか走ることができなかった。当然、目標の総経距離には、届いていない。体は、クタクタだった。でも、この時不思議と体は疲れていても、心は満たされていました。自分1人だけで、40kmを走ったという達成感から、「1日40kmも走れるじゃないか!」と思えたのです。自分の中で「やれる」という気持ちが芽生え、「明日は、60kmまで走ろう!」「明後日は、70km走ってやろう!」という思いが湧き上がってきました。


実際に大阪からの帰りは、最終日110kmを走破できるようになっていた。私の心の中で、この「鈴鹿峠走破」を1人で成し遂げたという達成感が、次のチャレンジである、「箱根峠走破!」への自信に繋がっていった。




IMG_0002.jpg




目標を持ち、小さな成功体験を積み上げていく中、達成感を経験することで、「達成感そのもの」が次ぎの目標とやる気を産み出してくれることを私は自転車を通して学んだ。




人間は、目標を達成して感動すると、信号として脳に伝えられる。その後、脳を興奮させるドーパミン<脳内物質>が放出され、充足感や快感が更に増える。また、「達成感」は脳全体を活性化し、脳に長い間、記憶される。だから他の物事と比較して感動した時の思い出は忘れにくい。




つまり、つらいこと、しんどいことがあっても、あの時の感動をもう一度味わおうと次の目標に向かって歩みだそうとする理由がここにあります。達成感を多く味わった人ほど、脳そのものが活性化された機会(回数)が多かったということであり、感動の記憶の数も多くなるということになる。




私自身、日々の生活の中で、ささいなことでいいので「出来た」という小さな達成感を心に留めていきたいと思う。それは、子供達も同じだと考えています。「数学の計算問題ができた。」「社会の都道府県名が全部覚えれた!」「英語の単語が10個書けた。」「順位が10位上がった」その小さな達成感の積み上げが、次の大きな目標を達成させてくれる、明日への原動力になるのではないだろうか。



posted by MORITA at 00:00| 自己紹介 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。