2011年08月18日

堤防を歩く


今朝、5時に目が覚め

1人ラグーナに散歩に出かける




IMG_1005.JPG




海岸線を歩きながら

ふと、子供のころのように

幅50cmあまりの堤防の上を歩きたくなった




IMG_1011.JPG








1歩、2歩と歩き始めて1mぐらい進むと

少し怖くなって足元を見つめて立ち止まってしまった



「俺の人生に似ている」

そんな気持ちがふと

心の奥底から湧き出てきた





それから

ゆっくり深呼吸しながら



背筋をのばし

足元ではなく

目線をまっすぐ

堤防の先端だけを見つめて歩き出した




IMG_1010.JPG




足元ばかり見ていると前には進めない

「落ちたらどうしょう」

そんなことばかり考えてしまう



前に進みたいなら

前を向いて歩かなきゃ




右に行っても

左に行っても

アカン

そんな狭き道を歩んでいるからこそ

どこを向いて歩いているかが大事なのだろう




47歳のおっさんが

童心に戻って

堤防の上を歩く


前だけ向いて歩く











Jackson Browneの1993年にリリーされた10枚目のアルバム"I'm Alive"!アメリカでシンガーソングライターというジャンルを確立した1人であり、あのロンリーングストーン誌で、「1970年代で、最も完成された作詞家」と評された。1976年のプリテンダーや1978年の孤独なランナーなど、日々の生活の中での心の葛藤や苦悩を見事に表現し、日本のアーティストの浜田省吾や尾崎豊などが彼から多大な影響を受けたといわれている。産業ROCK全盛期の80年代は、政治的な内容を多く含む曲を発表していたが、個人的には、80年代の彼の作品より彼自身の原点に戻った、心の叫びともいえる内省的な歌詞と楽曲を聞かせてくれる”I’m Alive”が好きだ。ちなみに、イーグルスの”Take it easy”は彼の曲だ!












posted by MORITA at 08:41| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

as you pointed out



盆ジュール♪

実は、このお休み中は娘とプールに行った以外

炎天下の中、ペンキばかり塗っていた






IMG_0978.JPG



休みに入る前、

昭和一桁うまれの親父が現れ

塾の玄関先でこう言った

「智司、人はきれいなところに集まるものだ!」




昔からそうだが

親父は、細かいことは言わない

でも、意味のないことも決して言わない

すぐに、何が言いたいのかわかった

塾の外装がかなり色あせていた





IMG_0981.JPG



言われないとわからないことや

日常の忙しさのなかで見落としてしまっていることを

的確に、端的に、ズバッと!


親父の凄さがそこにある



眼力が凄いというか

ものの本質を見抜く力は

会社経営や骨董の世界で養われたものなのだろう




IMG_0982.JPG



6年前に「なんでも鑑定団」に出演して

お宝通信簿のコーナーで

評価5、天下一コレクターになったのも伊達ではない





IMG_0986.JPG


丸二日間をかけて

玄関の木枠すべてを塗装し

ついでに、玄関先の土間の塗装も行った





炎天下、汗だくになりながら

親父のことを考えていた



「やっぱり、俺、親父みたいになりたい」






posted by MORITA at 09:30| DIY | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

ピカソ

毎日継続していくことで

繰り返し続けていくことで

それがやがて「大きな力」となる・・・


そんなことを教えてくれたのが、ピカソだった。ピカソは、20世紀最大の芸術家と言われている。そう言われている理由が2つあって。1つは、それまでの絵画は平面で構成されてた。ピカソは、今までの概念を根底から打ち壊し、平面に立体が持つ全ての面を取り込んで描く「キュビズム」というスタイルを作った1人といわれているからです。


そして、もう1つは、
作品数が想像を遥かに超える数だということ。その作品数は、6万点とも8万点ともいわれていて、11点として、毎日作り続けて、1年で365点になるのだが、100年にしてみると3万6500点だから、ピカソの作品の数がいかに多いかがわかる。
 

1日1点どころか、
1日に2〜3点程度作成していることになる。10歳から作品を作り始めて、92歳のなくなる年まで作っていたとしても、彼の捜索期間は82年間となる。ちなみに、ピカソは、絵画の他に、彫刻や舞台装置・詩まで作っている。



20世紀最大の芸術家ピカソ

天才と呼ばれたピカソ

しかし

そんなピカソでさえ休むことなく

毎日毎日続けていることがあった


それは

自分の作品を作り続けること

絶え間なく

毎日毎日・・・・













posted by MORITA at 08:59| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。