2011年08月29日

自転車小僧@


18
歳から21歳の3年間、自転車に夢中になっていた。いわゆる「自転車小僧」だった。高校を卒業してすぐ、18歳の春に、5日間かけて、蒲郡から大阪までの片道200Kmを5日間で往復し、19歳の夏には、蒲郡から東京までの片道300Km6日間で往復した。ちなみに、東京からの帰りは、東京から船に乗り、伊豆大島まで行き、伊豆大島から熱海まで。そこからまた、自転車で箱根峠を越えて帰ってきた。そして、21歳の秋に、蒲郡から琵琶湖1周を自転車で走りぬけた。



IMG_0011.jpg



装備も、回を重ねる度にレベルアップしていった。ハンドルには、フロントバッグ、後輪に二つのリヤバッグを装備し、いざとなった時に、野宿できるように寝袋を積んでいた。実際に、走っていて宿が無いと野宿をしていた。

 大阪に向かう時、国道1号線だったが、歩道橋の下に、ビニールシートを引いて、寝袋で寝ていた時のこと。あるご老人と5歳ぐらいの男の子が散歩をしていたのだろう、その5歳ぐらいの男の子が、歩道橋の下で、寝袋で寝ている私を見つけ、「おじいちゃん!大きなみの虫みたいなのがもぞもぞしているよ」という声で目が覚めた時は、けっこう恥ずかしい思いをした。(笑)


IMG_0006.jpg



なぜ、自転車に夢中になったかというと、目標があったからだ。西の鈴鹿峠、東の箱根峠を自転車で制覇したいという目標だった。小学校の歴史の授業で、「箱根八里は、馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」を聞いたことがあった。江戸時代、この歌が示すように箱根は大井川と並ぶ東海道の2大難所。箱根八里といわれたこの街道のうち、三島市に属する部分は箱根峠から西側。この峠は伊豆と相模の国境であり、峠の小田原側を東坂、三島側を西坂といった。



「東坂・西坂両方から登りたい。江戸時代の人々は、歩いてこの峠を越えていったわけだから、俺は自転車で越えてみたい。そして、箱根峠を越える前に、練習として、鈴鹿峠を越えてみよう」!多分こんな気持ちになっていたんだと思う。





18
歳の時、なんでもよかった、自分の力がどれぐらいあるのか?今まで1度もやったことのないことで、自分の力を何かで試したいという気持ちが自転車に駆り立てた。目標を立て、「自分1人でやった」という今まで味わったことのない達成感を欲していた時だった。



IMG_0012.jpg




以前ブログに掲載した記事を加筆、修正して再記載しました。










posted by MORITA at 09:47| 自己紹介 | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

nothing ventured nothing gained


今週の英会話授業の最後に
Ben先生からこんな質問があった


「あなたの生き方はどっちですか?」
@better safe than sorry
Anothing ventured nothing gained


私は、一瞬迷いながら
でも、すぐにこう返答した
「100%ではないが、僕の生き方はnothing ventured nothing gained だ!」と

すると、Ben先生は、
「100%ではないなら何%ですか?」
と尋ねてきた


これも即答で
「トェニー、エイティー」
@が20%、Aの生き方が80%


better safe than sorryの意味は多分
「後で後悔するよりは安全でいた方がいい」で
「転ばぬ先の杖」などのことわざがしっくりくるのだろう


nothing ventured nothing gainedの意味は
「思い切ってやってみなければ、何も得られない」
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざが適切なのだろう



自分の40代に入ってからの生き方を振りかえってみて
41歳で、それまで勤めていた会社を退社し
不況の真っただ中
ゼロからたった1人で塾を立ち上げた自分の生き方は
まさにventureな生き方なのだろう
ベンチャーな生き方が正解か、
不正解なんて解らないが


でも、思うんだ
幸せなんてものは、他人から
「お前幸せだよな」と言われて感じるものではないし
ましてや痛みや悲しみは、他人が代わってくれるものではない


平坦な道は、歩きやすいかもしれない
平坦な道は、ゴミひとつもないきれいな道かもしれない
でも、ゴミもないけど、その代り石ころも何も落ちていない道なんだ
石ころがなければつまずいたりしない


平坦だから
上るのにいっぱい汗をかくような急な上り坂も
転びそうになる急な下り坂もない

でも、それじゃアカンよね
石ころがあって転んだ時が大切で
転んで起き上がるときに人は何かを得ることができる

いっぱい汗をかいて
ハーハー言いながら歩くから
自分の歩いたところが道になるんだ




提携校の塚越先生が7年前に
当時、立志塾を立ち上げる前の多忙な時期
私に言ってくれた言葉を思い出した

「もう、めちゃ、めちゃ大変だよ、守田先生」
「もうねぇ、毎日がアドベンチャーだよ」

この言葉は、忘れられない
「毎日がアドベンチャー」


男が身体を張って、
圧倒的な努力をし
七転八倒しながら
大きなリスクを背負って
何かを成し遂げようとしている姿がそこにあった

大変なんだけど
どこか清々しい

しんどいんだけど
そう発する塚越先生の姿に
「俺は、今日も生きている」
生を感じた


nothing ventured nothing gained








posted by MORITA at 10:29| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

ラルフ・ワルド・エマーソン

  



  
思いは花であり、

  言葉は芽であり、

  
  行動はその後に実をつける。
 



 
ラルフ・ワルド・エマーソン   




  私は、志を持って生きている人間が好きだ

 夢に向かい、それを成し遂げるために寡黙に努力している姿は、


  目に見えないが大きな力を与えてくれる


 

  フルマラソンをしているランナーが

 
  いよいよゴールする姿に、多くの人が「あと少しだ、頑張れ」と

 
  手を握り締めエールを送る姿に似ている。
 




  人が自分の志を成し遂げようとする時、

  最初のスタートは、思いから始まる



 
 人によって大輪の花を描く人もいれば、

 
道端に咲く一輪の花を描く人もいる。

  でも、自分だけの花を咲かせたいと誰もが思う。 





  この思いが強く、熱いほど
 
  自分の描く花に近づけるのではないだろうか。

 
 

 
 そして、その思いを言葉にすることで
 
  自分の描いた花は、
より明確なものとなり、

 
夢に近づくための原動力の源となる。 



  それは、真っ白なキャンパスに、


  自分の思い描いた色とりどりの花を細かく描くことなのだろう。


 それこそが、自分の心に芽を宿すことなんだと思う。





 
 言葉という自分の心に宿した芽は、簡単には実をつけない。 

 
毎日水をやり、さんさんと輝く太陽の陽にあて、
 
  時には肥料を与え、
害虫駆除をしてやらなければならない。  




  言葉にしたことを実現するために、

 
最後に行動することである。 

 
 行動することで、必ずなんらかの結果が出てくる。 

  しかし、それは一時的なものではなく、

 
  手間隙をかけ継続していくことが大切なんだ

  


 エマーソンの言葉が
 
 そんなことを教えてくれた













 





 

posted by MORITA at 07:39| 元気が出る言葉 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。