2011年07月28日

multiculturalism


今日Ben先生と話した内容が

multiculturalism

つまり

多文化主義




多文化主義とは

異質な文化を持つ集団が存在する社会において

それぞれの集団が平等に、対等な立場で扱われるべきだとする考え




たぶん

先日のノルウェーのテロ事件などのニュースから

今日のディスカッションの内容として

このマルチカルチャライズムについて取り上げられたのだと思う




当然、Ben先生に多文化主義の話を聞くまで

私自身、multiculturalismという単語も知らなかったし

最初は、何が何やら、何を言えばいいのかさえ戸惑ってしまった

若干、ニュースでテロ事件について知っていたので

そこから話す糸口を探していった




知識が無いと

自分の考えをうまくまとめられず

ましてやそれを英語で伝えるのは

かなり至難の業だ






でも、会話そのものが刺激的で

脳がフル活動する感覚が味わえた

話の内容が刺激的だったというではなく

まったく波の立たない湖面に

小石を投げられ

中心から円状の波が立つような感覚とでもいうのか





ここ1か月間、ある意味多忙で

思考することは仕事のことばかりだった



目の前に迫る緊急のことを優先するあまり

塾、塾、塾、仕事、仕事、仕事

状態が続いていた



個人的には、別にそれが嫌なわけではないが

何か1つのことを深く思考したり

感じたりすることに無頓着になっていた気がする



また、自分の視界が狭かったような気もした

自分だけを見つめたり

仕事だけを見つめていると

生きていく上でのバランス感覚を失いやすいのも事実である

まさに、人はパンだけで生きるものではないのだから





そういった意味で

今日のお互いのディスカッションはかなり刺激だった




常日頃考えないことがテーマだったり

知らなかったことを学ぶ面白さだったり

そういった1つ1つが脳を活性化し

自分の視界を拡げてくれる




Ben先生の多文化主義に対しての考えで

mixとmeltの話はかなり興味をそそられたし

今のヨーロッパの情勢や

人種のるつぼといわれているアメリカと

ヨーロッパの多文化主義の比較も面白かった





授業が終わった後

改めて感じたことは

教養のある人や勉強している人

視野が広い人は

年齢に関係なく

フレッシュな感覚を持ち続けていて

話をしていても、とても面白いということ





僕の英会話の先生がそうであってよかった





posted by MORITA at 00:00| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

私のなまえは、だいちゃん

IMG_0903.JPG




暑い中、ご苦労さまです













posted by MORITA at 09:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

高校進学説明会 2011


昨日、蒲郡商工会議所にて

高校進学説明会を実施した



午後から2時間かけて入念に

説明会のリハーサルを塾で行い



商工会議所にPM5:00に到着



DSC02878.JPG




商工会議所の職員の方々と

会場の机や椅子を並べた後



照明、エアコン、音響の調整と

パソコンの設置と目まぐるしく説明会の準備を行った



照明の微妙な明るさやマイクの音の大きさ

エアコンの温度調整など

1つ1つ適度な頃合いというものがあって



これが1つでも狂うと

せっかくの説明会も台無しになる




DSC02888.JPG



繊細な気遣いと

もてなす心使いで

説明会が成功するか失敗するか

決まるといっても過言ではない




DSC02889.JPG



今回、説明会のレジメは50ページ以上になり

レジメというよりは資料集になった


レジメとお茶を人数分を各机に並べ

1人で全ての準備が完了するまでに

1時間30分程度かかった





伊藤先生が

当日の手伝いとして到着したのが

そのすぐ後でPM6:30ぐらいだった



タイガーアキヨシ先生.bmp




本当にいつも助けられている




僕が準備した1つ1つに漏れがないか

彼が再度チェックしてくれ



父母や生徒達が入室するころには

受付に立ち元気な声で

あいさつをしていてくれた



改めて

ありがとうタイガーと

この場を借りて伝えたい







説明会そのものは

塾を開塾して以来5年連続して

この時期に実施してきた



3年前から塾を飛び出し

商工会議所を使わせて頂き

今年は、昨年使用させて頂いた2Fの会議室から

広い1FのコンベンションホールBで開催



DSC02875.JPG



準備を終えた後

1人コンベンションホールに佇んでいた



天井の眺めながら

感謝の気持ちが湧き上がってきた



6年前に産声をあげ

たった2人の生徒からスタートした小さな塾が

地域の皆様に愛され、支えられて

このような素晴らしい会場で

説明会をすることができることに

手を合わせ感謝した







posted by MORITA at 00:55| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。