2011年05月30日

油断

エンジンオイルの役割は
ピストンリングとシリンダー壁の摩擦を減らし
磨耗を防ぐ潤滑作用のほか

密閉作用
冷却作用
洗浄作用
防錆作用
など

見えないところで
さまざまな働きをしている

つまりエンジンのパフォーマンスに欠かせないものが
エンジンオイルというわけだ






油断という漢字は
文字通り「油」を「断つ」と書くけれど

熱意とか
ひたむきさとか
妥協を許さない努力とか
そういった油を断ってしまうと
仕事や人との信頼関係はとんでもないことになってしまう


油が潤沢にあるからこそ
魂を燃やし続けることができるのであり
人と人の関係を潤滑に、滑らかなものにすることができる


走り続けたり
現状に満足して気を抜いてしまうと
生きるためのオイル交換を忘れてしまう


油断なく
抜かりなく
怠りなく
注意深く
1歩1歩進むために
心の油を自分に注ぐことにしよう










(PS)
今日は、この歌を聞きながら始めていこうと思う。
昨日から続いた雨もやみ、青空が覗いている
新しい1日が始まる。










posted by MORITA at 09:30| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。