2011年04月28日

自分で年齢制限したらアカン



この4月に入って
1日も欠かさず勉強している
仕事上の教務的な授業の準備だとか
また、読書とも違う



生徒達と同じように
机に向かいテキストを拡げ
重要語句にはアンダーラインを引き
学習内容のまとめをノートに書き写す


勉強する時間も
業務をしている時間とハッキリ分け
午前中や授業が終わって
夜の11時から始める

毎日の勉強時間は
30分だけの時もあれば
3時間以上勉強する日もある


でも、自分で決めたことだから
必ず何があってもこの勉強は
毎日続けようと思っているし
実際に続けている

まさに日曜日も祝日も関係ない
このGW中も勉強する



そして、この勉強が継続してできるように
やらなくてはならない強制力のあるものにするために
4月からスクールにも通うようにした


以前、提携校の塚越先生が
ブログにこんなことを書いていてた
http://risshijuku.dosugoi.net/

(立志塾のブログはこちら↑)


「新学期ってときめきます。
新しい学校になったり、新しいクラスになったり・・・
今年こそは・・・
っていろいろ浮かぶんだけど、その気持ちを行動にしてそれを継続することですね。
そこが味噌。」

物凄く共感できる
まさにそうで・・・・
気持ちを行動にし
継続することで結果を出すことができる

誰でも気持ちは抱くんだけど
実行に移せない

行動するんだけど
継続できない


このチャレンジは短期間で身に付くものではなのは分かっている
だから三日坊主にならないように
あえてやらなくてはならない環境に身を置くことした







僕が通い始めたスクールで
僕を指導してくれる先生が彼↓







英会話 008.jpg



今、通い始めているのが
我が愛する故郷蒲郡に
この4月に開校したばかりの英会話スクール
HIKARI ENGLISH

http://www.hikarienglish.com/

(詳しくはコチラを ↑ ) 



そして僕を指導してくれているのが
Head Teacherのベン先生です。わーい(嬉しい顔)



僕みたいなできの悪い生徒を
いつもいつもスマイル&スマイルでぴかぴか(新しい)
親切に指導してくれる



英会話については
これからこのブログで
いろいろと紹介していきたいかな


昨年は、大型自動二輪免許にチャレンジ
そして、今年は英会話に挑戦していきたい

僕みたいに50歳近くなってくると
頭が凝り固まってくる
今までインプットしたことも曖昧になってきているし
まして新しいことはなかなか入ってこない
だからこそやる意味がある


自分で年齢制限したらアカン
英語に年齢制限なんてない




(PS)
知人にこの話をしたら「守田先生は、以前アメリカに行ったことがあるから大丈夫でしょう!」と言われたが、もう20年前の話し。皆さん20年前のことってハッキリと覚えていますか?外国に行ったことがあるから、ぺらぺらに話せるわけではない。行った経験がある人は分かると思うが。もうね、笑っちゃうほど話すことができない。ある程度は聞くことは理解できるのだが、アカンネ、喋れんねぇ。おまえは、その程度か?と言われそうだ!

でも、それが面白いんだよね。もう、この年なって分からないことを分からないということは、いいんだよ。開き直れるよね。恥ずかしいとか、恥をかくとか、かけばいいと思うし、それ以上に自分ができるようになる過程を楽しみたいと思っている。その辺の知恵は、年の功で身についているから。まぁ、ベン先生には迷惑をかけると思うが、この1年はどたばたしたいと思っている。




posted by MORITA at 08:56| English conversation | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

子供は大人のマネをする


最近、週末は家で勉強するようにしている
小学2年生になる娘に
「勉強しなさい」と言うより
僕の勉強している姿を見せた方がいいと思うからだ

休みの日は子供となるべく
いっしょに過すようにしているが
その過し方が大切なんだと思う

いくら口で
「ああしなさい」「こうしなさい」
と言っても休みの日に僕自身が
体を休ませるだけのゴロゴロした過し方をしていては
子供は心の底から理解し
それを行動するようには決して思えない




Children have never been very good at listening to their elders

but never failed imitate them.

James Baldwin


アメリカの黒人作家のジェームス・ボールドウィンの言葉だが

子供は大人の話は聞くのは苦手だが、
大人のマネをするのはとても上手だ。





彼の言葉ではないが
子供は結局親の行動を真似るようになるのだ


塾に来てくれている
子供達に対しても同じだ

「毎日、勉強しなさい」
と彼らに言っても僕自身が
向上心のない人ではなんら説得力がない

だから今凄く意識しているのは
「僕も、今毎日勉強している」ことを毎回伝えつつ
リアルタイムで勉強している内容

具体的には
僕の勉強ノートを見せたり
僕の具体的な勉強方法

英単語を覚えるために
アイ・フォンで聞きながら
散歩していることなどを伝えたりしている


結局、子供達の前での
僕の日頃の考え方と行いを正しくしていくことが大切なのだろう














posted by MORITA at 11:16| 塾日誌 | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

僕は生徒になります


40歳になっている人も
これから40歳を迎える人も
自分が生徒になることを想像してほしい


僕は、今年47歳だから
四捨五入すると50歳になるのだが
この年齢なると単なる一生徒になれる機会は
そうそうあるものではない


自分が毎日先生と呼ばれる仕事しているから
余計生徒になることに疎くなり
学ぶことを怠ってしまったりする
イカンよね


人生はいくつになっても
学ぶことばかりなのだから


だから数年前から
毎年1つは何かに挑戦しようと
10kg以上のダイエットだったり
禁煙だったり

昨年の4月に一念発起して
大型自動二輪の免許にも挑戦した

これは凄くいい経験になった
年齢に関係なく教官の下
自分が1人の生徒になって
免許取得の為に多くの事を学べた

立場が逆転するのは
凄く大きな刺激を与えてくれる



アップルのCEO
スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学の
卒業式で行った特別講演の有名なスピーチが
「まだまだ、落ち着いたらイカン」と
僕を突き動かしてくれます



あなたは、自分の好きなのを見つけなくてはならない
それは、仕事に対しても、恋人に対しても同じです
あなたの仕事は、人生の大きな部分を占めるようになる
そこで本当に満足できるたった1つの方法は
あなたが素晴しいと思う仕事をすることです

素晴しい仕事をする唯一の方法は
あなたがする仕事を愛することです

まだ見つからないなら、探し続けよう
落ち着いてしまったらいけない

恋愛と同じで、見つければピンと来るはず
素晴しい人間関係と同じで
年を重ねるほどよくなっていくものです

だから見つかるまで探し続けよう
落ち着いてしまったらいけない




年齢を理由に落ち着かないように
学ぶことを怠り一箇所に立ち止まらないように
僕は新たにこの4月生徒になります
ガンバルンバ!!



posted by MORITA at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。