2011年02月23日

雪だるまを転がすな


先日、公立高校推薦入試の合格発表があった

未来義塾生では例年よりも推薦合格が多かった



合格者が多いことは喜ばしいことだが

これから一般入試を受験する生徒達が全員合格してこそ

諸手を上げて万歳と叫ぶことができるわけで

まだ、その瞬間を迎えたわけではない





だからこそ

これから一般入試を受験する生徒達に一言伝えたい



周りの生徒が合格したとなれば

焦りもするし不安にもなる

当然のことだ

だから

焦るなとか

不安になるなとか

言わないが

必要以上に考えないことだ




つまり

「頭の中で不安の雪だるまをつくらない」

ことが大切なんだ




焦りや不安の種は勝手に膨れ上がるものだ

くよくよすれば気分は落ち込み

ここぞという時に力を発揮できなくなる

焦りや不安で頭がいっぱいの時に

心が穏やかになれるはずが無い




焦りや不安が雪だるまのように膨らむ前に

頭の中でストップをかけること

そうすれば時間をかけて

自然と雪だるまは溶けてなくなる

そんなものだ





ついつい明日のことを考え

受験日の緊張感を今起きているかのように感じることはやめにしよう

不安の蕾も

焦りの蕾も

開く前に刈り取ることが大切なんだ



起きても無い未来を考え過ぎて

雪だるまを転がすことしないように

転がりそうになったら

僕の顔を思い出してくれ

雪だるまは必ずとまるから

僕がとめるから




posted by MORITA at 22:44| 塾日誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。