2011年02月03日

床の張替え奮闘記




塾を立ち上げて5年
教室の床もだいぶ痛んできたので
3月からの新年度準備もふまえ
教室のクッションフロアーを業者に依頼せずに
自分1人で新しく張り替えることにした


DSC02670.JPG


教室の床を全面張り替えるために
まずは、机の椅子を全部上にあげ
自習室に移動





DSC02674.JPG


クッションフロアーの上に
カーペットを引いていましたが
だいたい1年も経たないうちに
カーペットはかなり傷んでしまうため
毎年カーペットだけを替えていた




DSC02675.JPG



机を1人で自習室に移動させた後
本棚、電子黒板用のパソコン、下駄箱、玄関のスリッパ
移動できるものは、全て移動させた


DSC02683.JPG


そこから入念に掃除機で隅から隅までホコリを吸い取り


DSC02691.JPG


今度はモップで水ぶき
カインズで購入したこのモップはかなりの優れもの!!
これで、冷たい水に悩まされていた雑巾がけから開放された♪




DSC02688.JPG


作業開始から4時間が過ぎた
少し、やる気と集中力が欠けてきた頃に
あこがれのブルース・リーか?
ケンシロウ?の魂が我に降臨してきた
「アッチョー!」

1970年代に小学生だった
僕らの世代は掃除のモップを持てば
このポーズが出てくるのは
あたりまえだのクラッカーなのだ




DSC02693.JPG


掃除終了後
少し休憩してから
いよいよ床の張替え作業開始
専用の接着剤とローラーを準備


DSC02692.JPG


5年前に張り替えたクッションフロアーは剥さずに
そのまま上から50cm×50cmサイズのタイルカーペットを
接着剤を使い丁寧に貼り付けていきます


DSC02694.JPG


意外と難しいのが
ムラ無く接着剤をタイルカーペットの裏面に塗ることです
この出来次第でその後の仕上がりが大きく変わってくる
だからここは手を抜かず1枚1枚丁寧に作業していく


DSC02695.JPG


この作業は以前自習室でも
一度やっているので慣れているものの
やはりタイルカーペット100枚ともなると時間がかかります

DSC02702.JPG


結局1日では終わらず
まる2日間かかりましたが
1人で教室の床にタイルカーペットを敷き詰めることができました


DSC02703.JPG


今回の費用は材料費や接着剤などで
なんとか4万円以内ですみました
もし、これを業者の方にお願いすれば
工賃と人件費などでいくらかかったのでしょうか?



いつも思うのですが
節約するとか
乾いた雑巾をしぼれとか
企業努力として経費をいかに下げるとか

そのための
大切な発想というのが

できることは自分でやる
できないことはどうしたらできるようになるのかを
絶えず考えることであり
直ぐに人に頼むのではなく
自分でまずやるという習慣を身につけていくことが
大切なんだと思う

これから自己責任の時代と呼ばれる時を
まさに迎えようとしている今

子供達にも
できることは自分でやるといことを
授業を通じてしっかりと伝えていきたいと思う








posted by MORITA at 00:00| DIY | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。